ガソリンスタンドで配布するにはあまりにも「ハレンチ」なマッチ

「元祖クールジャパン」再検証

~ファイル44【ヌードマッチPart2】~

1960年代なかごろ以降、日本の自動車産業の急成長と同時に高速道路の建設が始まりました。1969年には東名高速道路が全線開通となり、本格的なモータリゼーションが到来。石油業界もがぜん、勢いづきます。

東京―名古屋間を、マイカーに乗って高速で突っ走しっていくスピード感を見事に表現していたのが『丸善ガソリン100ダッシュ』のテレビCMでした。

車が走り去るときの突風で女性モデル・小川ローザのはいたミニスカートがめくれ上がるという、当時のテレビ的にはあり得なかったセクシー表現に、大人はおろか、子供も大コーフン。スカートめくり、小川ローザのセリフ「Oh! モーレツ」ともども大流行となりました。

その影響は各所に表れました。性的表現も健康的にやれば問題なかろう、とでも言いたげに、ヌード写真がさまざまな商品の図案として一気に広がっていったのです。きっかけをつくった石油業界もそのムーブメントを見逃すはずがありません。その一例が今回ご紹介するマッチです。

男性の喫煙が当たり前だった時代、マッチはいたるとこで配布されていた、ごく普通の販促品でした。イケイケだった石油業界は1個なんてケチなことはしません。何と4つのマッチが合体したビッグサイズのマッチです。

そして、そこには当時はやっていた“ワンダービュー”という、見る角度によって2~4種の絵が入れ替わり表示できる特殊な印刷が施された写真が貼ってあります。昭和35年に発売されて大ブームとなった『ダッコちゃん』のウインクする目に採用されて一気に普及したヤツです。

マッチを傾けると…水着の女性が、あらあら、ヌードに!

ワンダービューは子供のおもちゃとしてよく使われていましたが、この使い方は実に素晴らしい。ワンダービューの特質を最もうまく使っていると言っていい商品ではないでしょうか。

しかしです。ドライブ中の男性にこんなもの配付していいんですかね。最近も運転中にスマホの『ポケモンGO』に夢中になって、追突や人身事故が発生したというニュースが何件か報告されました。

この絵柄がチカチカ変わるマッチも、思わす運転中に夢中になってしまって追突したり、興奮してスピードを出し過ぎたり…なんてことはなかったんでしょうか。ちょっと心配になりますよね。

(写真・文/おおこしたかのぶ)

 

【あわせて読みたい】

※ 後処理が無理…「ごきぶりホイホイ」以前のゴキブリ捕獲器

※ キモカワの極み!伝説の「宇宙人ガチャ」

※ 意外!?夏が稼ぎ時の「キング・オブ・駄玩具」

※ 子供憧れのスター「水生昆虫」が夢の競演

※ 驚愕!4cmほどの猿の人形がタバコをプカプカする不思議玩具