インリンの“美魔女”ぶりに驚きの声「こんなに可愛い44歳はいない」

インリン 

(C)まいじつ 

台湾在住のタレント、インリン(旧芸名:インリン・オブ・ジョイトイ)が1月11日、自身のYouTubeチャンネルを更新。ファンからの「100の質問」に回答した。

インリンは「100の質問に挑戦したいと思います。私、インリンは一体どんな人なのかを答えていきたいと思います」とコメント。質問は出身地や年齢、身長などから始まり、スリーサイズに移行。インリンは、バスト84、ウエスト60、ヒップ87センチと、44歳とは思えない抜群のスタイルをキープしているという。今まで付き合った男性は「片手で収まるんですよ。少ないです」と笑い、自身のことを「ズバリSです」と赤裸々に明かした。

「M字開脚で一世を風靡したインリンですが、付き合った人数は5人以内ということで、奥手だったということが分かりました。また、グラビア界でまことしやかに囁かれている、枕営業については、『したことないです。誘われたこともない』とキッパリ。また、『お子さんは、M字開脚時代のママを知っていますか?』という質問には『この前、長男に急に聞かれたんですよ。ママってMのポーズが得意なの?って聞かれて、M字開脚のことじゃん!と思って。検索したらしいんですよ』と答えています。グラビア時代はミステリアスなイメージだっただけに、インリンの素顔が垣間見られたと、ファンも大喜びだったようです」(ネットニュースサイト編集者)

インリンの“赤裸々”回答に絶賛の声

変わらない様子のインリンに、ネット上では

《いつまでもきれいですね。それにしぐさや表情、言葉遣い、すべてがすごく上品ですね。応援しています!》
《日本で芸能活動していたときは過激なグラビアを連発してたけど、実際はほのぼのとした人柄だったんだね。めちゃくちゃ親近感湧きました》
《相変わらずスタイル良すぎ。またグラビアしてくれないかな》
《いつも明るくて元気になります。理想の奥さんだと思います》
《こんなにかわいい44歳の女性はなかなかいません。憧れます!》

などと、大反響を呼んでいる。

今ではすっかりママとなっているインリンだが、グラビア時代のスタイルと美貌はいまだ健在。新型コロナと子育てが落ち着いたら、また日本の芸能界で活躍してほしいものだ。

【あわせて読みたい】