新ドラマ『ボス恋』初回11.4%で好発進!“恋つづイメージ”脱却がカギに?

上白石萌音 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

女優・上白石萌音が主演を務める連続ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系)の第1話が1月12日に放送。世帯平均視聴率が11.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが分かった。

このドラマは、ファッション雑誌編集部を舞台に、安定志向の平凡な新入社員・鈴木奈未(上白石)が、超ドS鬼編集長・宝来麗子(菜々緒)の元で、悪戦苦闘しながらも成長していく物語。

「同作は、昨年1月期に上白石主演で放送された『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)と同じスタッフが再集結。視聴率は『恋つづ』の初回9.9%を上回る数値を記録したことで、幸先のいいスタートを切りました。ファッション雑誌編集部が舞台ということもあり、菜々緒や『Kis-My-Ft2』玉森裕太のファッションにも注目が集まったようです。また、雑誌の創刊号のモデルにトップモデルの冨永愛、カメラマンにフォトグラファーのレスリー・キーが登場したことも、大きな話題になっています』(エンタメ誌記者)

視聴者からは、

《冨永愛とレスリー・キーを出すあたり流石。菜々緒さんを超えるモデル撮影ってなかなか難しいなぁと思ってたから、本物が出てきて驚いたしドラマが締まった》
《本当に久しぶりに楽しかった。萌音ちゃんはこれからキレイになるのかな?》
《菜々緒はイメージピッタリの役。そして上白石萌音は普通感があって良い》
《萌音ちゃんが、このままダサい感じで終わるわけではない。どういう風に洗練されていくかが楽しみ》
《テンポがいい。脚本も演者もいい。ポイントもおさえてる》

などと、大評判を呼んでいる。

『オー!マイ・ボス!』今後の課題は?

しかし一方で、

《視聴率に関しては、次回以降が本当の勝負でしょうね。上々の滑り出しだとは思いますが、「恋つづ」を引きずった状態で見てる人も居ることは居るでしょう。「恋つづ」と比べると二番煎じのような感じもあり、見るのを止める人も出てくるかもしれない》
《良くも悪くもターゲット層が明確なドラマ。シチュエーションを変えただけで、パターンは昔から何も変わらないと感じるデジャブドラマ》
《上白石さん、なんかいつもヘラヘラニヤニヤ同じ演技で、どのドラマ見てても、全て1人の主人公の話しが続いているかのよう》
《「プラダを着た悪魔」のパクリだし、2話は多分観ない》
《萌音ちゃんのキャラに期待していたんですが、いつもの感じかぁ~と、マンネリ化した火曜ドラマに思えてきてました》

などの意見が殺到している。

『恋つづ』の熱演で、売れっ子女優の仲間入りを果たした上白石。彼女の演技力にドラマの今後がかかっているのかもしれない。

【あわせて読みたい】