佐藤健に欠点ナシ!?“ヤラセ疑惑”を吹き飛ばす超ハイスペックっぷり

佐藤健 

(C)まいじつ 

俳優・佐藤健の初冠番組『佐藤健&千鳥ノブよ! この謎を解いてみろ!~天才謎解き集団からの挑戦状~』(TBS系)が1月11日に放送。佐藤の活躍ぶりが、さまざまな角度で話題になっている。

2つのステージを用意された佐藤は、1stステージで、制限時間60分の間に、鍵のかかった扉を開けていくゲームにチャレンジ。『千鳥』ノブらが失敗する姿を横目に、数秒で正解して出演者たちを驚かせた。

さらに続く2ndステージでは、全6品の謎解きコースにチャレンジ。佐藤は慣れた様子で次々と謎解きをクリアし、共演者の本田翼が「名探偵コナンみたい…」と漏らすシーンもあった。

この姿に視聴者からは、

《佐藤健さん、クイズが得意な人特有のウザったさがまったくないし、めちゃくちゃ頼りになりつつ、他の人が正解したとき「すばらしい!」ってちゃんと持ち上げるところが、もうイケメンすぎるのよ…》
《佐藤健くんが出てるクイズ番組をお母さんと一緒に見てるんだけど、健くんがひたすらカッコ良くて、お母さんと一緒にワーワー言ってる》
《佐藤健かっこよすぎですよー。クイズ番組飽きてたけど、これはみてしまう》
《佐藤健の謎解きアシスト、自分自身は見た瞬間に解けて、できる限り自分の力で解けるまで待って、無理そうならヒント出すっていう、普通の謎慣れした人の動きだったよなあ》
《謎を解く佐藤健がイケメン過ぎて普通に惚れてしまった。謎解きのクイズ番組なのにドラマを見ているようなドキドキ感があった》

などと絶賛の声があがっていた。しかし、この活躍がネット上で物議を醸しているようだ。

佐藤健は超ハイスペックイケメン!

「あまりにも佐藤がバシバシと謎を解いていくので、ネット上には〝ヤラセ説〟が浮上しています。もっとも、佐藤は謎解きマニアとして知られており、本人にとっては余裕だったんじゃないでしょうか。佐藤は埼玉県立越谷北高等学校を卒業していますが、同校は偏差値68で、埼玉県公立高校ランキング7位の超難関校として知られています。高校2年生時から芸能活動を始めた佐藤は、大学にこそ進学していませんが、もし進学していたら、早慶上智レベルは間違いなかったと言われています。謎解き問題が得意なのも納得です」(芸能記者)

佐藤はもともとタモリの大ファンで、タモリが早稲田大学に入学していることから、自分も早稲田大学に進学しようとしていたという。また、負けず嫌いの性格で、高校時代は学年トップになったこともあるとか。

イケメンで頭の回転も早く、女性からもモテモテの佐藤。一部でいいので、その超スペックを分けてほしいものだ。

【あわせて読みたい】