『ミヤネ屋』宮根誠司“うっかりミス”に厳しい声「あなたが伝えなきゃ…」

宮根誠司 

(C)まいじつ 

1月12日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)では、北陸道を襲った大雪について特集。その中でMCの宮根誠司が発した〝とある発言〟が、ネット上で物議を醸しているようだ。

1月9日ごろに福井県を襲った大雪が原因で、北陸道では立ち往生する車が続出。救出活動が行われ、11日には立ち往生が解消されたとのこと。さらに、具体的な道路とエリアも指定されていたという。

気象予報士の蓬莱大介氏のコメントに対し、宮根は「我々もそういう情報が出ているのを知りませんし、地元の方ならわかるかもしれませんけど…」「ちょっとまぁ、お家に帰ろうっていう方とか、わかんないですもんね」と発言。しかし、そんな宮根の言葉に対して、蓬莱氏は「いやでもこれ、天気予報で言ってますからね。申し訳ないですけど」と反論する。

さらに蓬莱氏は「全国放送ってしゃべることが多いので、なかなかそこまでピンポイントでは伝えきれないんですけど、ローカル放送では必ず言ってます」「NHKもお伝えしてると思いますし、日本テレビ系列の地方局も絶対伝えているはずです」と続け、天気予報を信用して雪害に備えることが大切だと訴えるのだった。

無知が露呈した宮根誠司に厳しい意見

「宮根は『そういう情報が出ているのを知らない』と発言していましたが、1月7日放送の『ミヤネ屋』では、気象予報士の奈良岡希実子さんが、北陸の大雪について注意を呼びかけています。しかもその際、宮根自身も北陸の雪の多さに対して、『日にちを分けてこれだけ降るってことですよね』とコメントしていました。たった数日しか経っていませんが、自身の番組で扱ったことをすっかり忘れていたようですね」(芸能ライター)

気象予報士の貴重な意見に対してとんちんかんなコメントを放った宮根に、ネット上では、

《宮根がアホなこと言ったけど、蓬莱さんが反論してたね。宮根…ちゃんと勉強して》
《蓬莱さんがんばれ。ローカル放送ではちゃんとピンポイントでドカ雪って予報しながら注意喚起してたよ。ぼーっとしてんじゃねーよ。宮根誠司》
《本来ならそういう大事な情報は宮根さんあなたが伝えなきゃいけないのに…》
《蓬莱さんすごくいい事言ってるのに…宮根さんスルーですか?》
《宮根降板させて蓬莱さんを司会にした方が絶対良いわ》

などと、批判の声が殺到している。

自身の番組で触れているにも関わらず、情報を知らないと言ってしまった宮根。せめて自分が視聴者に伝えたことぐらいは覚えておいてほしいものだ。

【あわせて読みたい】