米津玄師をディスった? 浜辺美波ドラマ『ウチカレ』の台詞に動揺の声

米津玄師 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

1月13日より、菅野美穂と浜辺美波のW主演ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系)の放送がスタートした。ドラマの中で、アーティストの米津玄師をディスるような発言があったと密かに話題になっている。

主人公の水無瀬碧(菅野)は、〝恋愛小説の女王〟としてかつて一世を風靡したが、今はすっかり落ちぶれて〝オワコン〟になりつつある小説家。大学生の娘・空(浜辺)は筋金入りの二次元オタクで、恋をしたことがない。そんなある日、碧は久々の恋を、空は人生初の恋をしていく…というストーリー。脚本は、ヒロインが嫌われまくった朝ドラ『半分、青い。』(NHK)のほか、『ロングバケーション』(フジテレビ系)、『ビューティフルライフ』(TBS系)などを手掛けた北川悦吏子氏だ。

話題となったのは、碧がイケメン編集者・橘漱石と対面するシーン。橘を演じるのは、若者に大人気のロックバンド『[Alexandros]』のボーカル・川上洋平だ。しかし碧は橘を見るなり、おでこを隠した重ための前髪を批判。「イケメン? 髪が目に刺さってるだけじゃないの?」と言ってのけた。

「若いイケメンは目に髪が刺さってる」

さらに続けて「そもそもさぁ、今、若いイケメンってみんな目に髪が刺さってるけどホントにイケメンなの? ほら、何とかっていう…」と、ある人物の名前を出そうとしたところで、娘から「これ地上波だ、Huluと違う」と制されてしまった。

すると、このシーンにネット上では

《米津玄師のこと?w》
《米津かな》
《米津玄師みたい》
《米津玄師の事ディスったよね》

と反応する声があがっていた。

「このドラマでは、キャラクターに言わせるかたちで、脚本家の自己主張のようなセリフが多数見受けられます。それが『痛々しい』『ノリが寒い』との声が多くありますが、一部では共感も得ているようです」(芸能記者)

今期のドラマの中では、「出演者が豪華」「出演者目当てで見ている」という声も多数あるが、果たして脚本でどのように惹きつけてくれるのだろうか。今後が楽しみだ。

【あわせて読みたい】