トラウマ朝ドラ『半分、青い。』と完全一致! 新ドラマ『ウチカレ』に拒否反応

永野芽郁

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

1月13日より、菅野美穂と浜辺美波のW主演ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系)の放送がスタートした。しかし初っ端から、視聴者が敬遠してしまう演出があったようだ。

主人公の水無瀬碧(菅野)は、シングルマザーとして娘を育てつつ連載を抱える小説家。〝恋愛小説の女王〟としてかつて一世を風靡したが、今はすっかり落ちぶれて〝オワコン〟となりつつある。また、大学生の娘・空(浜辺)が筋金入りの二次元オタクで、浮いた話がまるでないことを心配している。そんなある日、碧は久々の恋を、空は人生初の恋をしていく…というストーリーだ。

「コメディー色全開の脚本で、ネット上では早くも賛否が真っ二つに割れています。そして否定的な意見で多いのが、空の〝喋り方〟がムズムズするというもの。今どき母親のことを〝母ちゃん〟と呼ぶほか、『母ちゃん、聞いてくれ』『母ちゃんの分のお汁粉あるか?』『母ちゃん、何やってる?』『母ちゃん、これ地上波だ、Huluと違う』など、セリフがカタコトのようなのです」(芸能記者)

これらの独特な口調に、視聴者からは

《セリフ回しが気持ち悪い。ただそれだけでもう見なくなるかも。もっと自然な台詞に変えてほしい》
《期待していたせいか、おもしろくない… 喋りが…。残念…》
《この喋り方マジ無理》
《喋りがここまで酷いとは思わなかった。時々何言ってるのかわからなかった》

といった声があがっている。

北川悦吏子節が今回も炸裂

「特徴的な喋り方ですが、これはドラマの脚本家・北川悦吏子氏が多用する言い回しです。彼女が担当した朝ドラ『半分、青い。』(NHK)でも、ヒロインの鈴愛(永野芽郁)が全く同じような口調でしたね。しかし『半分、青い。』といえば、鈴愛の驚異的な自己中ぶりがアンチを大量発生させた問題作。そのトラウマを思い出している視聴者も多いようです」(同・記者)

実際にネット上では

《語尾が半分青いの鈴愛と一緒…。鈴愛アレルギーだから、それ聞いただけで、録画してたの見ずに削除しようかと思ってしまう》
《「半分、青い」のすずめちゃんみたいな痛キャラブーム、まだ脚本家さんの中で流行ってるんですかね》
《朝ドラ1不快なヒロインと同じ喋り方…》

といった拒否反応が出ている。

果たして、『半分、青い。』の汚名を返上することができるのだろうか。これからの展開に期待したい。

【あわせて読みたい】