ファミマのサーバーがダウン!『刀剣乱舞』ファンによる“グラスの乱”勃発

(C)WAYHOME studio / Shutterstock 

1月13日より『ファミリーマート』にて、大人気作品『刀剣乱舞 -ONLINE-』とコラボした〝オリジナルグラスとコースター〟の販売がスタート。しかし、ファンである〝審神者〟が「ファミマ」の公式サイトに殺到し、サーバーが落ちる事態に発展していた。

「ファミマ」は、コラボ商品の販売開始を13日の13時と予告。しかし、前日からフリマアプリ『メルカリ』などで、コラボ商品が販売されていることが発覚する。しかも出品されている商品は、高額で販売されていたのだ。

また、とある審神者は販売開始時間の少し前に店頭へ行ったものの、なぜかすでに商品は品切れだったという。ちなみに「メルカリ」にはセットだけでなく、商品のPOPごと売られているケースも。この事実に怒り狂った審神者が、「ファミマ」の〝お客様相談室〟へ問い合わせたため、サーバーダウンに繋がってしまったようだ。

令和3年“ファミマグラスの乱”勃発

今回の騒動を受けて、審神者たちからは、

《受注生産にしてください。フライング販売と転売がひどいです》
《店頭に並ぶ前に、店員が全部回収して転売してたらクソだが》
《みんなこれを通報しろー! ファミマグラスをフラゲして9999円で転売してる奴がいるぞ!》
《1時から販売開始されるのに、12時56分には店頭に無いって何? 挙句メルカリよ、転売ヤー死ね》

などと怒りを爆発させている。また、この状況を見た審神者以外の人は、

《転売ヤーを責めるべきで、ファミマのサーバーを落としてはならないと思います…》
《ファミマのお客様サーバー落ちてるの、審神者たちの本気を感じる》
《審神者がファミマの問い合わせサーバー攻め落としてるの草》

などと恐怖に慄いていた。

「〝とうらぶ〟とのコラボといえば、ファミマは今年1月5日から、オリジナルファイルのプレゼントも実施しています。対象商品を3品購入すると貰えるシステムで、キャラ争奪戦が起こっていたものの、今回ほど荒れることはありませんでした。グラスも商品と一緒に購入するシステムや受注生産といったという風に、多少なりとも転売対策すべきだったかもしれません」(某審神者)

なにはともあれ、本当に討つべき敵はサーバーではなく、フリマアプリにいる転売屋だということを忘れてはいけない。

【画像】

WAYHOME studio / Shutterstock

【あわせて読みたい】