“老害”自覚で評価逆転!? 小倉智昭の発言に称賛の嵐「カッコいい」

小倉智昭 

(C)まいじつ 

1月13日未明、フジテレビが公式サイトで『とくダネ!』の終了を正式に発表。22年という長い歴史に、ついに幕が下ろされることとなった。

同日の放送エンディングにて、小倉は終了について「次の世代の人にキャスターというポジションを譲ってね、新たな番組がスタートするといいのかなと」とコメント。高齢ゆえに、退く時が来たとの認識を示した。最後は「ただ、残りはありますから! 騒ぎます!」と元気に放送を終えたが、その直前には、なんとも哀愁漂う発言も。

「最近ちょっと、切っ先が弱くなってですね。やや保身に走るきらいがありまして。病気してから、ネット情報とか見るようになっちゃったんですね。そうしたらやっぱりね、『老害じゃないか』とかね、『ボケているんじゃないか』とか、そういう言葉はキツいもんなんですよ。で、お年寄りの政治家を見ると『あぁーやっぱり年を取るとダメかなぁ』なんて、少しずつ思うようになりました。そんなこともあって、私はそろそろいいのかな、と」など、ネットの意見に心を痛めていたことを告白したのだ。

“老害批判”は的外れな印象操作か…

小倉の奔放な発言は物議を醸すことが多く、ネット上でも、これまで数々の批判にさらされてきた。しかし、今回のコメントに対しては

《とくダネの質はともかく、小倉に老害ってイメージはない》
《単純にキツイだけ 言ってることはそこまで老害ではない》
《最近性格が丸くなったんかもしれんが、言うほど老害ちゃうよなこの人》
《今思うと何であんなに叩かれてたのか分からんわ》
《エゴサして出てくるのは老害ではなく別の言葉やと思う》

など、「老害ではない」との声が殺到。また、政治家への言及にも

《まさに勇退。小倉さんあんまり好きじゃなかったけど、これはカッコイイ。本当に政治家にも見習ってほしいよね》
《政治家を見て、年取るとアカンなって自覚できるだけ有能》
《お年寄りで国民の生活が見えていない政治家の皆様、小倉さんをぜひ見習ってお退き下さい》
《自分の去り際をわきまえていらっしゃる、日本の政治家に聞かせたいお言葉。聞いてるか? そこの国会議員の先生がた?》

との称賛が沸くなど、最後の最後で「小倉さんは嫌いじゃなかった」と、評価が逆転する現象が起きたのだ。

「小倉さんが目にしたのは、ネットの書き込みやつぶやきではなく、ニュースサイトの記事でしょう。小倉さんは様々なWEBメディアで発言を批判されており、中でも多かったのは〝老害〟という切り口での批判。ネット民がよく言っていたのは、別の角度からの〝イジリ〟ですよ」(ITジャーナリスト)

ありもしないカツラが落ちる動画を合成された件といい、『とくダネ!』の22年は、ネットとの戦いだったとも言えるかもしれない。

【あわせて読みたい】