『有吉の壁』コロナ対策ガン無視で批判殺到!「芸人の感染が減らないワケだ」

有吉弘行 

(C)まいじつ 

1月13日放送の『有吉の壁』(日本テレビ系)では、印刷会社で収録を敢行。一般人がいるにも関わらず、新型コロナウイルス対策が不十分だったことから、ネット上で怒りの声があがっている。

今回問題となっているのは、同番組の「一般人の壁を超えろ! おもしろ印刷会社の人選手権」という企画。お笑い芸人たちが印刷会社のビルに潜み、有吉弘行を笑わせる…といった内容だ。企画自体は大いに盛り上がったものの、オープニング撮影の時点で出演者たちが全員マスク未着用。まるでコロナ禍以前のような撮影風景となっていた。

有吉が開始の合図を出すと、お笑い芸人たちはマスク未着用のまま、実際に使用されているオフィスに潜んでいく。ネタを披露したり、叫び声を上げるシーンなどでも、マウスシールドの着用や目立ったコロナ対策は行われず、番組は進行していった。

「同番組はツイッターの公式アカウントで『#外出できない時はお家で壁を観よう』というハッシュタグを使用して、番組を宣伝していました。自宅での自粛を訴えかけるような文言でしたが、添付されていた写真は全てマスク未着用。本編でもコロナ対策を全く行っていなかったため、視聴者から『テレビ業界だけマスクしなくていいの?』などと、批判が集まっているようです」(芸能ライター)

ノーマスク撮影に視聴者から怒りの声…

新型コロナウイルスの感染拡大が、より一層深刻さを増している現在、番組の出演者たちが対策を怠っていたことに対して、

《コロナ完全無視の姿勢がすごい》
《一般人もいる空間の中でマスクしてないし…番組内でコロナ出たらめっちゃ叩かれそう》
《外出・密・マスクなしで叫んでるやつらが家にいろとか…よく言えるな》
《せめてマスクしてあげようよとか思っちゃう。こりゃ芸人の感染が減らないワケだ。撮影後ちゃんと消毒したのかな》
《コロナって終わったっけ?と一瞬思ってしまうような絵面だった。ゾッとする》
《誰もマスクしてなくて、アクリル板もマウスシールドもなしで、フツーにコロナ前みたいに大声だしてて…不安しかなかった》
《コロナ感染対策皆無で飛沫飛ばしまくり…こんなん当たり前に芸人の感染者増えるわなー》

などと、激しいバッシングが巻き起こっている。

視聴者に対しては、頻繁にマスクの着用を促しているテレビ業界。まずは出演者たちが手本を見せてもらいたいものだが…。

【あわせて読みたい】