『アメトーーク!』EXIT兼近の“理想の芸人像”に批判「イラッとした」

EXIT 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

『EXIT』の兼近大樹が1月14日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に出演。理想のお笑い芸人像を熱弁したが、これに視聴者は疑問を投げかけている。

『霜降り明星』の2人や『ラランド』のサーヤら、若手芸人がゲスト出演。お笑い界に感じる疑問を発表し合い、今後望む未来を語り合った。

兼近は「芸人をなりたい職業ランキング1位にしたい」とフリップを出した。「芸人って、なんか知らないけどかっこ悪いというか、損するイメージが強い」と兼近は言う。「芸人はカッコいいものであってほしいし、夢のある職業と思ってほしい」と願うものの、「なんか芸人って、ダサいとこばっか見せようとしている」と苦言を呈した。

「金持ってんなとか思わせてほしい」と熱弁するも…

この日、MCの蛍原徹と『麒麟』川島明を引き合いに出し、稼ぎに稼いでいる芸人が「(お金を)もらってないかのように振る舞うんですよ」と指摘。「金持ってんなとか、思わせてほしいんですよ」と説き、子どもに金銭面で夢を持たせてほしいと熱弁した。「お笑い第7世代」でも同様の願望を口にする人物は多いという。

だが、皮肉にも次週放送のテーマは「40歳過ぎてバイトやめられない芸人」。お笑い一本では食べていけない芸人が多い中、お笑い芸人が稼げるというイメージのみを植え付けるのは危険だと視聴者は疑問を呈していた。

《次週のアメトーークは40歳過ぎてバイトやめられない芸人、この惨状を兼近に見せたら何か意識の変化はあるのだろうか…》
《芸人でも、芸人で食べられてない人が山ほどある現状をみて、芸人がなりたい職業ランキング1位になるのは難しいなって思った》
《大半の芸人は何十年下積みやってても、テレビすらまともに出れずバイトだの劇場だので食い繋いでいるんだぞ…》
《素敵ですけど、お金で若い子を釣ろうとするのはどうかなあ。大多数は貧乏になるし》
《中には本当に面白いのに売れてない芸人だっているのに、あの物言いは芸人の世界を知らな過ぎる》
《かねちーがお笑い芸人を人気な職業にしたいと言っていたが、芸人で売れるのがどれだけ難しいか知らなさすぎると少しイラッとした》

次週の放送で理想と現実の差を見せつけられそうだ。

【あわせて読みたい】