独走ニュース!島崎遥香が年明け「AKB48脱退」情報キャッチ

確かに、島崎をめぐっては最近マイナスのニュースばかりだ。11月24日には大型音楽特番『ベストアーティスト2015』(日本テレビ系)にAKBが出たものの、島崎は出演せず。

11月21日には初主演映画『劇場霊』初日舞台挨拶だったが、発熱と胃腸炎でドタキャン寸前に。東京会場は何とか出席したものの、ほかの会場は欠席した。

「『ベストアーティスト』欠席はファンの間でも話題になり、島崎はトークアプリ『755』でついに『私はもうAKBじゃないんじゃないかと不安で毎日悩んでいます』とまで弱音を吐いたのです。また『劇場霊』は大々的に宣伝した初主演映画にもかかわらず、大コケ。最近は、ツイッターや755で、ヤル気のない発言や足の火傷、ぜんそくなどの病気ネタばかりで、負のオーラが漂っています」(同)

では、なぜ“卒業”ではなく“脱退”なのか。

「島崎自身、今年に入ってから精神的に不安定になり早期卒業願望を訴えているのですが、ここまでトラブル続きだと、もはや卒業を祝福する感じではなくなっている。恐らく卒業式もせず、事実上の脱退になるということです。

しかも、3月には総監督の高橋みなみの卒業セレモニーが2日連続で決まっており、それまでは別の大型卒業式を入れることはできない。島崎自身、卒業という形で祝福されることを望んでおらず、一刻も早く消え去りたいようです」(芸能プロ幹部)