安斉かれんが消えた理由とは…「浜崎あゆみドラマ」以降のスキャンダル

(C)andriano.cz / Shutterstock 

歌手の安斉かれんに、すっかり見なくなってしまったと心配の声が多くあがっている。

1月12日、安斉はツイッターに《最近ちょっとメイク薄い》と自撮り写真を投稿。安斉にしては薄いという意味で、一般からするとだいぶ濃いようだが、何はともあれ、そのキュートさをファンが大喝采。そしてこれがニュース記事になり、ネット上で拡散されていった。

すると、この記事で久々に安斉の名前を聞いたという人が多いようで、

《かわいいのにあんまり活動してないのかな? すっかり忘れていた》
《かわいいし、ドラマにも出たけどほぼ話題にならなかったね。全然ゴリ押しされないし》
《バラエティーに出たときニコニコしてかわいいって思って好きになったのに、最近全然見なくなった》
《普通にしてればかわいいのに売り出し方を間違えた人》

といった声があがっている。

「安斉が話題になったのは、2020年4月期のクソドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)で、主人公のアユ役を演じて、見事なまでの棒演技を披露したからです。それまで知名度皆無だったのですが、一気に時の人となりましたね。そして、ドラマ放送中から放送後にかけてバラエティーや音楽番組にも多数出演。今時のギャルらしい自然な雰囲気で好感度をあげていきました」(芸能記者)

ひっそりと熱愛スクープで瀕死

しかし一体、なぜ突然消えてしまったのだろうか。『Yahoo!』で「安斉かれん」と検索すると、関連ワードの最初に「消えた」とでるほどだ。

「世間ではあまり話題になりませんでしたが、安斉は昨年8月に熱愛スクープを撮られています。相手は音楽関係のパリピ集団の1人で、30代中盤だといいます。別に不倫でもなんでもないので問題はないのですが、まだアーティストとして全く売れていない段階で恋愛にうつつを抜かしているようではダメでしょう。安斉をプロデュースする人たちにとっても、モチベーションの下がる呆れたスキャンダルなので、力を入れてもらえなくなったのでは?」(芸能事務所関係者)

このまま〝ニセアユ〟のイメージだけで消えてしまうのか。今年は歌手としての活躍に期待したい。

【画像】

andriano.cz / Shutterstock

【あわせて読みたい】