『とくダネ!』は「終わってもらっちゃ困る」古舘伊知郎に賛同続出

小倉智昭 

(C)まいじつ 

フリーアナウンサー兼タレントの古舘伊知郎が、1月13日にひっそりと開設していた自身のYouTubeチャンネルを更新。同日に終了が発表された『とくダネ!』(フジテレビ系)への持論を述べ、賛同の声が殺到した。

スタッフから「意見を聞きたい」と突撃された古舘は、第一声にて「終わること、小倉さんが朝の顔から消えることに関して、ものすっっっごい残念!」とコメント。部外者かつ、同番組司会の小倉智昭より後輩であるため、恐縮しながら語っていく。

小倉は13日のエンディングで番組終了に触れたが、古舘はこれをリアルタイムで見ていたそう。小倉がネットの辛辣な意見を気にしていたと述べたことに、「生意気だけど、勝手に共通項見出しちゃう。俺も色んな批判に疲れた所もあった」と、自身が『報道ステーション』(テレビ朝日系)を降板した過去に重ね合わせた。

しかし、古舘はサッカー選手を例にとり、小倉は全盛期でスパッと辞めるタイプではなく、長く現役を続けるタイプであってほしかったとコメント。「死ぬまでやってほしかった」「前任番組から28年、午前中の顔としてフジテレビを牽引してきた人。ここまで来たら辞めないでくださいと思う」と、番組の終了を重ねて悔やんでいく。

毒のない番組ばかりではTV界がつまらない?

続けて古舘は、ネットに流れていった若い世代を取り戻すため、後続番組が若者向けになるのではと分析。しかし、「でも、『とくダネ!』はそこに関係ない部類に置いてほしいってのが願望なんですよ!」「『とくダネ!』は例外、治外法権に置いてほしいのよ!」と、机を叩きながら熱く語る。

その後はさらにヒートアップし、「だってそうじゃない? 小倉さんのクセとか毒とか、いやらしさとか、あえて悪役を演じる瞬間、文句言われるのも承知の上で…そういうのも含めて『とくダネ!』だったんですよ!」と熱弁。

その後も「クセのある人が消えていくことが嫌でしょうがない」「キレイで無難な番組はあって当然だけど、黒いところも見せてくれるような番組もないと困るんです!」「『とくダネ!』だけは永遠に続いてほしいなと思う」「新装開店の店が並んでる一角の、老舗の『とくダネ!』は終わってもらっちゃ困る!」など、番組の終了を大いに残念がった。

この持論に対し、コメント欄には

《全てがその通りすぎる。『いいとも』からフジは全く学んでいない》
《いろんな層の視聴者がいるんだから、とくダネはいろいろ言われようが存続でいいのに》
《小倉さんは毒はあっても、あったかい感情が通じる大切な存在》
《いつも見てる訳じゃないけど、テレビ付けたらいつもと同じって安心感》
《朝の顔消えるの淋しい! まだまだテレビで見たいです!!》

など、賛同の声が続出している。

やはり、なんだかんだ言われながらも、小倉は人々から愛されていたようだ。

【あわせて読みたい】