山田孝之“3度目”の自粛破り! 15人パーティー参加に批判殺到

山田孝之

(C)まいじつ

緊急事態宣言下での合コンや沖縄旅行など、新型コロナウイルスの感染防止対策に真っ向から反してきた俳優・山田孝之。さらに、1月14日発売の『週刊文春』で、大みそかに年越しパーティーを行っていたことが発覚した。

山田は昨年4月、緊急事態宣言が発令される中〝合コン未遂会食〟を行ったことが『フライデー』で発覚。直後の5月にも、玉城デニー知事自ら来県自粛を呼びかける中、新田真剣佑、丹羽仁希らと沖縄旅行に行ったことが『文春オンライン』で報じられている。

その後、新田と丹羽は自身のツイッターで一件を謝罪したが、山田は現在にいたるまで黙殺。国民はもちろんのこと、謝罪をした両者のファンからも「1人だけずるい」「誠意がない」などと批判を浴びていた。

ノーコメントを貫く姿勢から、罪悪感など微塵も抱いていないことが分かる山田。この無反省ぶりは行動となって現れ、今回のパーティー参加につながっていく。

会食自粛の中で15人の三密大パーティー

山田が参加したのは、ロックバンド『ONE OK ROCK』のTakaが主催したパーティー。記事によると、Taka主催の大みそかパーティーは毎年恒例で、渋谷のレストランで行われたという。

周知の通り、政府は12月から4人以上や複数人での会食を控えるよう呼びかけている。しかし、このパーティーの参加者は山田の他、『TKO』の木下隆行、長渕剛の息子でアーティストのReNなど、総勢15人にも及んでいたという。

度重なる無反省・感染防止に反する行動に、ネット上には批判が殺到。

《ほとんど叩かれんが、山田はいろいろやらかしてるだろ》
《やっぱ隠し子作るようなやつはダメだな》
《こいつの作品は見たくない》
《この人のクズのくせに、自分はホントはいい人なんです感を自分から出すところが嫌い》
《またかよって感じであきれる》
《何で干されずイメージも低下しないのか不思議でならない》

など、主催者のTakaともども怒りの声が寄せられている。

人間、痛い目を見てもそう簡単には変われないもの。謝罪スルーという成功体験があれば、なおさらのことだろう。

【あわせて読みたい】