“老害”発言だけじゃない! 松嶋尚美の『バイキング』失言3選

松嶋尚美 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

タレントの松嶋尚美が、1月14日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)に出演。度が過ぎる発言と、芸能人への忖度に大ブーイングが起きている。

この日、番組では自民党議員・石破茂氏の〝高級ふぐ料亭会食〟をピックアップ。石破氏が福岡市内の高級ふぐ料亭で、福岡県議会議員ら地元の有力者と9人で会食を行っていたことを取り上げた。

このニュースに松嶋は、「なんかめっちゃ失礼やけど、もう老害としか思えない」と持論を展開した。

この発言に、ネット上では

《さすがに老害はないだろ…。そもそもお前は友達と遊んでたくせに》
《デヴィ夫人には何も言えなくても石破さんには言えるんだね。会食とパーティー、規模は断然パーティーの方がでかいですけど》

などと、非難轟々だ。

松嶋は7日放送の同番組で、90人規模の年越しパーティーを開催していたデヴィ夫人に、「ほんまに自信があったから主催したと思う」と発言。さらに「(感染者)1人も出てないから、ね? よしとする、みたいな感じ」とコメント。デヴィ夫人の顔色を伺うかのような忖度ぶりに、苦言が集まっていた。松嶋の失言に批判が殺到したのは、今回が初めてではない。

失言連発の松嶋尚美はコメンテーター失格?

コロナ禍で初の緊急事態宣言が発令されていた昨年4月、松嶋はリモート出演していた『バイキング』で、「めちゃ正直なこと言うと、昨日、友達と遊んじゃって。家で。ちょっと心苦しい中で『本当に今日が最後よ』みたいな」と笑いをこらえながら告白している。

ヘラヘラと過ちを告白するモラルの低さに、

《何なの? 皆、会いたい人にも会わず周りのことを考えて我慢してるのに、まじで不愉快》
《二度とコメンテーターとか出るな》
《松嶋尚美みたいなのが、アクティブバカって言うんだろうなー》
《「友達と遊んで…」の後に何かいいことでも言うかと思ったら「へへへへ」って笑ってるだけでドン引きした》

などと、番組降板を望む声も散見された。

また、昨年7月には同番組で松嶋は、コロナ禍で大阪府が要請した〝5人以上の飲み会を自粛〟に苦言。人数制限について、「各々の判断がいい。だって4人で店埋まってたら意味ないし」と対策会議の要請を否定した。

さらに、まくし立てるように「こんなGo Toキャンペーンとか、マスクもう1回配るとかじゃなくて、もう1回現金配ってってずっと思ってるから。自粛するならするで、変に経済も助けないとあかんってなってるから。このやり取りがアホくさい。何かちょっとおかしい気がするの」と持論を展開している。

当時、府民の間では、5人以上という具体的な人数を疑問視する声もあった。しかしネット上には、

《各々の判断がいいって、判断できない人がいるからこういう要請が出るんだよ》
《現金配れって、そのお金はどこから来るの? 簡単に言わないでほしい》
《松嶋尚美はちゃんとした意見が言えないなら、コメンテーターは辞めた方がいいわ》
《結局、自分のことしか考えてないんだよ松嶋は。前にも要請無視して遊びに行ってた》

などという声が投げつけられていた。

番組が松嶋を起用するのは、あえて世間の常識から外れた発言をさせるためといわれているが、ここまでズレが大きいと、視聴者からの反感を買うだけ。いつまでも炎上上等の姿勢では、本当に番組降板を宣告されてしまうかもしれない。

【あわせて読みたい】