綾瀬はるかが人気俳優と痴話喧嘩!“タメ口”で言い争い「仲良しかよ」

綾瀬はるか 

(C)まいじつ 

1月15日放送の『ぴったんこカン・カンSP』(TBS系)に、女優の綾瀬はるかと俳優の高橋一生が出演。野外ロケでの仲の良さが、視聴者を笑顔にさせた。

17日スタートの新ドラマ『天国と地獄』(同系)で共演している綾瀬と高橋は、番宣として埼玉・秩父でのアウトドアロケを敢行。安住紳一郎アナウンサー、宇賀神メグアナウンサーの4人で、アトラクションやバーベキューを満喫する。

キャンプ経験者の高橋は、火起こしなどの作業で一同を牽引。対する綾瀬は、小学生の頃にボーイスカウト経験があるが、「何も覚えていない」とぎこちなく動いていく。火を起こしたあとの綾瀬は、薪割りで指を切って搬送された友人を思い出してしまったと、高橋と「おしゃべり」タイムに突入。高橋も「えー、最悪じゃんと」答え、綾瀬を「あーちゃん」と呼ぶなど、互いにタメ口で仲良さそうな雰囲気だった。

綾瀬はるかと高橋一生が言い合い「関係性が凄い」

番組ラストには、ドラマ撮影中、手をぶつけた綾瀬を見た高橋が「ざまぁ」と発したことが話題に。当時の綾瀬はイラついて「橋から落ちろ!」と言い返したそうだが、この点を巡って「僕に『落ちろ』って言ってきた」(高橋)、「私にも言い分がある」「ムカつく!」(綾瀬)などと言い争いになっていく。

口論はどんどんとヒートアップするのだが、その子どものようなノリと中身に、視聴者は見ていて心温かくなったようだ。SNSには

《綾瀬はるかちゃんと高橋一生氏、子どものケンカか》
《綾瀬はるかさんと高橋一生さんの言い合う感じ、好き(笑)付き合ってくれないかなー》
《なんか関係性がスゴイね? ちょっとないくらい楽しい》
《痴話喧嘩 仲良しすぎる! 》
《えーほんとなにこの二人 仲良しかよ ずっと見てられるよ》
《なんなの、そのケンカw サイコーだな!》

など、微笑ましさを感じる声が上がっている。

この放送の前日に出演した『櫻井・有吉THE夜会』(同系)でも、『KAT-TUN』の上田竜也と仲睦まじくし、視聴者から好評を博していた綾瀬。もしや、とんでもない〝人たらし〟なのだろうか。

【あわせて読みたい】