綾瀬はるか&高橋一生“意識高いコロナ対策”で他芸能人との差歴然「すごい!」

綾瀬はるか 

(C)まいじつ 

1月15日放送の『ぴったんこカン・カンSP』(TBS系)は、人気俳優たちによる野外ロケの様子を放送。出演者のコロナ対策に、驚きや感心が集まった。

番組の前半で放送されたのは、新ドラマ『天国と地獄』(同系)の出演者によるアウトドアロケ。綾瀬はるか、高橋一生、安住紳一郎アナウンサー、宇賀神メグアナウンサーの4人で、埼玉・秩父を訪れた。

一行は、アトラクションやバーベキューを満喫したのだが、道中に寄った野菜の直売所では、出演者全員が不織布マスクを着用。その後の屋外調理でも、食事のシーンを除き、全員が不織布マスクを着ける感染対策を行っていた。

「バラエティーのロケにおける感染対策は、その多くが、アクリルの仕切りと、フェイスガードやマウスシールドといったアイテム。当然、これは出演者の顔を見せるためなのですが、フェイスガードの類に飛沫防止効果がないことは、専門家を中心にかねてから指摘されていました」(テレビ誌記者)

不織布マスク着用に驚きと称賛

しかしバラエティー番組では、今でも多くの番組でフェイスガード多く使われている。その意味はあるのだろうか。

「アクリル板やマウスシールドは、コロナ対策の当事者である田村憲久厚労大臣、麻生太郎財務大臣といった政治家も会見で愛用中。しかし、スーパーコンピューター『富岳』のシミュレーションでは、これらの飛沫防止効果は10~20%ほどしかなく、吸引に関しては全く防げないことが算出されています。布やウレタンのマスクも、不織布に比べて、効果が薄いという結果が出ています」(同記者)

このシミュレーション結果をまとめた国立大学法人豊橋技術科学大学の画像は、ネット上の各所で大拡散。この影響か、最近は布マスクやフェイスガードの無意味さが、世間一般にも認識されつつある。そんな中、演者の顔を隠してまで、不織布マスクでしっかりと対策した今回の放送。ネット上には

《不織布マスク着用がいい!》
《皆マスクだ。 マウスシールドたたかれるからね。 でもいいことや》
《TBS、バラエティでもマスクつけてる! すごい!》
《この撮影時はフェイスシールド無能説が浸透し始めた頃かどうか分からないけど、出演者の皆さん不織布のマスクね》
《ぴったんこカンカンきちんとマスクつけるとこはつけてる… 最近広げるだけのマウスシールド多かったから基準がそこだ》

など、驚きや感心が上がっていったのだった。

早くマスクなしでロケができる日が来ることを望むばかりだ。

【あわせて読みたい】