竹内涼真『キミセカ』初回8.4%で大爆死!「二度と見ない」酷評相次ぐ

君と世界が終わる日に 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

俳優・竹内涼真が主演の連続ドラマ『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)第1話が1月17日に放送され、平均世帯視聴率が8.4%(関東地区・ビデオリサーチ調べ、以下同)だったことが判明。初回から2ケタを割った同作に、視聴者から酷評の声が寄せられている。

同ドラマは、竹内の日本テレビ連続ドラマ初主演作。生き血を求めて人間を食らうゾンビたちがはびこる〝終末世界〟を舞台にした、サバイバルラブストーリーだ。第1話では、トンネル滑落事故に遭い、なんとか脱出した間宮響(竹内)が、消えた恋人・来美(中条あやみ)を探しながら、生き残った者たちとともに変わり果てた世界でゾンビに襲われ、次々にピンチに見舞われるシーンが展開された。

手に汗握る展開だったが視聴者からは、

《肝心なゾンビのクオリティーが絶望的。もう二度と見ません》
《主演キャストの演技が壊滅的。見た目だけで主役選びするとこうなるんだろうな》
《見るに耐えないストーリー展開。ゾンビもコントみたいだし、次回は見る気なくなりました》
《『ウォーキングデッド』と『ハンガーゲーム』を足して3で割った余りの残りカスのようなドラマ》
《私の中で竹内涼真のイメージが悪くなっちゃって、好青年役があわないなーと思った結果、途中で見るのやめちゃった》

など、さまざまな角度から批判されている。

お決まりの“Hulu商法”にも落胆の声

また、視聴者をがっかりさせているのが、日テレお得意の〝Hulu商法〟だ。同ドラマは日本テレビと『Hulu』の共同制作で、シーズン1を日テレ系の日曜ドラマとして全10話放送。その後、シーズン2が3月からHuluオリジナルとして全6話独占配信される予定になっている。そのため一部では、

《huluで完結なら見るわけない》
《えっ!シーズン2はHuluなの!? 一気に見る気なくなった》
《最終回まで見たところで「続きはHuluで」ってなりそうだったから見るのやめた》
《竹内涼真×中条あやみ、和製ゾンビモノ、続きはHuluで! ハズレの役満感がすごい》
《面白そうだけど、後半がHuluと聞いて見るのをやめました》

などといった声があがっている。

「日本テレビ系の22時30分枠で放送された前作『極主夫道』の初回は11.8%だったので、大コケと言えるレベルです。良かった点は、別世界へのタイムスリップ、ゾンビとありがちな設定ですが、ミステリーやラブストーリー要素を上手いバランスで取り入れて、単純明快で頭を使わずに見られるところでしょうか。しかし、わざわざ洋画のパロディ感ある同作を、Huluで配信するというシステムに失望している人も多いようですね」(エンタメ誌記者)

日テレは過去に、ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』や『ボイス 110緊急指令室CALL BLACK』、『3年A組 -今から皆さんは、人質です』などで、番組終了後〝続きはHuluで〟と有料コンテンツに誘導。視聴者からは《ふざけるな!》と大ヒンシュクを買っていた。

今回は、はじめからシーズン2をHuluで放送することを発表しているため、《このドラマの唯一の評価ポイントは、最終回で『続きはHuluで!』とやらずに、最初からHuluで完結させるって告知してることだけ》と好評の声もあがっている。そのため、大きなヒンシュクは買わないと思うが、どれだけの視聴者が最終回までついてくるのだろうか。Huluで『ウォーキング・デッド』を観ながら見守りたいものだ。

【あわせて読みたい】