加藤浩次のアンチが急増中!? “二枚舌”な言動に呆れ声続出

加藤浩次 

(C)まいじつ 

お笑いコンビ『極楽とんぼ』加藤浩次と山本圭壱の旅番組『週末極楽旅』(BS日テレ)が、1月13日よりスタート。この放送に、賛否の声があがっている。

初回放送では、バラエティー番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)で長きにわたって共演していた『よゐこ』の有野晋哉と濱口優が登場し、山梨県・河口湖を訪れた。極楽とんぼの2人が全国放送のテレビ番組でレギュラーを務めるのは、山本が淫行事件で2006年7月に『めちゃイケ』を降板して以来、14年半ぶり。ファンにとっては待ちに待った番組だったことだろう。

ネット上では

《「週末極楽旅」ワクワクして見た。山本さんが見れて本当に嬉しかった。次回も絶対に見る》
《めちゃ×2イケてて面白かった。毎週見る》
《週末極楽旅見た! めちゃイケ世代だからめちゃイケメンバーのわちゃわちゃ感ホント大好き。なんか嬉しい》
《何も問題なく…批判もされず…特にハネなくてもいいから…静かに楽しく続いてもらいたい》
《特番の時も思ったけど、加藤さんが凄く楽しそうで、山さんの人の良さも出てて良い番組》

などと、ファンが大喜びしている。

番組の“放送タイミング”に疑問の声

しかし一方で、

《加藤は、あれだけ医療関係者に負担なるからGOTOはやめろ!と言っているのに、旅番組とは…。結局、他人事なんだな》
《山本さんはたしかネット配信で、コロナ対策をせずにクラスターを起こしていますよね? なぜ表舞台から遠ざかったか、自覚を持って下さい》
《コロナ禍でなければ非常に楽しみな番組だが、今はダメ… フェイスシールドつけてれば何してもいいの?》
《スッキリの関係で日テレが加藤に忖度している。加藤は仲間には優しく、そうでないものには攻撃的になる。ステイホームと言っておきながら旅番組とは呆れ果てる》
《コロナ禍の時にこんな番組は止めていただきたい。ウイルスを東京から地方にばらまきに行ってるようなものだ》

などと、緊急事態宣言が発令されたタイミングでの放送に、厳しい意見も殺到している。

「加藤は1月7日に行われた番組の記者会見で、『コロナ禍でなかなか遠出できないし、緊急事態宣言も出るという事なので、東京から出てロケできないという状況もあります。しかし、その中でやれる事を提案できたらいいなと思っていますね』とコメント。ですが、自身がMCを務める『スッキリ』(日本テレビ系)では、〝GoToキャンペーン〟を猛批判していました。それに加え、山本は昨年8月に新型コロナに感染し、同番組のロケが延期になっています。こんな調子では、批判の声があがるのも仕方ないでしょうね」(エンタメ誌記者)

昨年のロケとはいえ、加藤、山本、有野、濱口の4人が揃って大笑いしながら宴会するシーンも放送されていた。視聴者のモヤモヤした気持ちをスッキリさせるには、一旦ロケを中止にするしかないかもしれない。

【あわせて読みたい】