オリラジ中田“海外移住”は節税のため?「守銭奴っぷりがヤバい」と話題に

中田敦彦 

(C)まいじつ 

お笑いコンビ『オリエンタルラジオ』の中田敦彦が、1月17日放送『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。3月にシンガポールへ移住することになった経緯を告白し、賛否の声があがっている。

中田は昨年12月、相方の藤森慎吾とともに『吉本興業』を退所。現在はユーチューバーとして週に2回動画を撮影し、それを2本に分けて週4本アップロードする日々を過ごしている。番組では、「基本的には休みなんですよ」と余裕たっぷりに明かしていた。

さらに、シンガポールに移住することを決めた理由について「YouTubeで勉強していた時に、歴史をいろいろ見ててシンガポール面白いなって。国土も狭いし、資源もない。その中でどうするかといって、すごい経済とか教育に力を入れてのぼっていった」「日本でも明治時代などは外に出て勉強して帰った。僕も外に出て勉強しなきゃと考えた」とシンガポールの魅力を力説。そして、新型コロナウイルスの感染拡大で、リモートワークが当たり前になってきたことから、「これ、行けるな」と感じたと明かした。

「中田は2017年ごろから徐々に仕事をネットにシフト。現在はユーチューバーとして大成功し、年収は1億円を超えています。自分で企画立案しており、吉本のマネジメントを受けていないものの、ギャラの3割を吉本に収めなければならないことに、かなりの不満を持っていたといいます。番組では『日本が怖いってのもある』『(日本は)特に芸能人に厳しいですけど、めちゃめちゃはみ出す者を潰しますからね』と語っていました。周囲からのやっかみもかなりあったようですね」(芸能記者)

中田敦彦は日本の“税制度”にウンザリ?

中田の展望にファンからは、

《海外からリモートワークか。最先端ですね。うらやましい》
《いまや売れっ子ユーチューバーなんだから、日本にいる必要ないよね。いい選択だと思う》
《出る杭は打たれるってことかな。頑張ってください》

などとエールが送られている。しかし一方で、シンガポール移住にはある重大な〝思惑〟があるとの指摘も。

《シンガポールって所得税めちゃくちゃ安いんだっけか》
《オリラジ中田さんがシンガポールに移住するのは当然だと思うけど、その理由に個人所得税をあげないのは違和感がある》
《シンガポールを選んだ時点で…税金対策でしょ》
《オリラジ中田の守銭奴っぷりヤバいw YouTube30%取られたくないから吉本やめて、所得税取られたくないからシンガポールへ行く》
《中田はシンガポールに行くのか。YouTubeで稼ぐなら所得税の安い国に行くのは合理的だ》
《日本の現状に呆れて今後衰退していくことを予測して、アジアで住みやすいきちんとした将来性のある国のシンガポールに移住する事決めたんだろうな》

「シンガポールは日本と同じように、個人所得に対して累進課税を設けています。ただ、日本だと最高税率55%となるのに対し、シンガポールでは最高で22%。さらに住民税・相続税・贈与税はありません。日本ではどんなに節税しても、ここまで下げることは出来ないでしょう。中田はシンガポールの成り立ちなどに、関心のある素振りを見せていましたが、〝節税〟を目的にしていると予測する人も多いようですね」(ネットニュースサイト編集者)

もっとも、中田のYouTube動画には、シャレにならないほどの間違いが多く、最近では《フェイクニュース》との批判も殺到している。現在の高収入をキープしながら、中田はシンガポールで大躍進を遂げることができるのだろうか。

【あわせて読みたい】