「乃木坂46」初の東京ドーム公演決定で白石麻衣が卒業か

(C)まいじつ

7月2日にアイドルグループ『乃木坂46』が東京都の明治神宮球場でライブを開催し、11月にグループとしては初めてとなる『東京ドーム公演』(2日間)を行うと発表した。

「これに連動して囁かれているのが、中心メンバーの白石麻衣の卒業です。以前から『東京ドームで卒業ライブをしたい』と語っており、なおかつ女性ファッション雑誌の仕事や女優業も順調で、先行きが明るいことから『いい流れのうちに卒業したい』という本人の意向もあるようです」(芸能記者)

白石は、乃木坂46を初期から支えてきた。2011年に乃木坂の1期生として活動を開始。6thシングル『ガールズルール』でセンターを務めるなど、常にグループの中心的メンバーとして活躍している。乃木坂46がのなかでもルックスに対して評価が高く、“女子がなりたい顔ナンバーワン”とも称されている。女性ファッション誌『Ray』、『LARME』ではモデルとしても活躍しているほか、2016年公開の映画『闇金ウシジマくんPart3』に出演するなど、女優としても活躍し始めている。

「白石は、8月20日に25歳の誕生日を迎えます。『25歳を目安に卒業したい』と口にしたこともあったとされており、最新シングル『インフルエンサー』はオリコン週間ランキングでグループ初のミリオンセラーとなったことも“やりきった”という理由になるはずです」(同・記者)

しかし、乃木坂46は現在、人気が絶頂にあり、ライブの動員数は伸び続けている真っ只中だ。

「現在の状況で白石が抜けると、人気絶頂期の『SMAP』から森且行が抜けたような状態になるでしょう。『なんでいまなの?』とメンバー間で不信感が生まれる可能性すらあります」(同・記者)

 

白石の思い描く卒業像

だが、白石には「惜しまれつつ卒業したい」という願望があるようだ。

「25歳過ぎてアイドルをやるのはきついはず。キャプテンの桜井玲香は必ず『やめないで』と言うに決まっていますが、このグループは結束が固い。最終的には白石の判断に委ねるはずです」(同・記者)

白石はかなりの努力家で、専門学校に進学後、ダンスユニットを結成すべく音楽について勉強していたという。そのときに受験を勧められたため、乃木坂46のオーディションを受けることになった。そして見事、選抜メンバーとして合格した。

「前田敦子が東京ドーム公演で『AKB48』から卒業したこともあり、同系列のグループでは、東京ドームで卒業するのが“王道”のように思われているふしがあります。乃木坂は、AKBの公式ライバルとして、6年目でようやく東京ドーム公演までたどり着きました。功労者の白石が選ぶ“卒業ロード”ならば、メンバーは最大の敬意を払って認めるでしょう」(同・記者)

はたして白石の決断は?

 

【あわせて読みたい】

※ V6・森田剛の「サプライズ」深田恭子が大慌てでバイクを駆る!

※ 佐々木希が「妊活」突入で渡部建から悲鳴

※ 重盛さと美が坂口杏里に「本物のバカだと思う」

「豊田議員の気持ち分かる」橋本マナミが炎上

※ 新垣結衣に「小出恵介淫行事件」の風評被害