『しゃべくり』元欅坂46・平手友梨奈に“禁句連発”でファンハラハラ

平手友梨奈 

(C)まいじつ 

元『欅坂46』の平手友梨奈が、1月18日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演。共演者のある言動に対して、欅坂時代からのファンは「平手が嫌いなこと」などと指摘。平手が機嫌を損ねるのではないかとハラハラしていた。

平手は俳優の志尊淳とともにゲスト出演。人見知りと自認する平手だが、志尊は「人懐っこい」と強調し、プライベートでのエピソードを披露した。

志尊が「映画は基本、僕と岡田将生君と『てち』の3人でいることが多い」と明かすと、『くりぃむしちゅー』上田晋也らは「誰? 誰?」と「てち」の呼称が誰のものか混乱した様子。志尊が説明すると、「平手さんのこと『てち』って呼んでるの」と気付いた。

共演者が平手友梨奈を「てち」呼びに…

ここで有田哲平も、志尊と平手が過去のエピソードをもとにやりとりした場面で割り込み「てち、何が、何が?」と平手を「てち」呼びに。上田が「勝手に『てち』って呼ばないで!」と横やりを入れたが、有田は構わず「そんなね、てちね…」と続け、上田は「『てち』、違和感ある!」とツッコミ。平手は左手で口元を隠しながらも笑っていた。

この後、有田、『チュートリアル』福田充徳らが平手に対し、それぞれ自身を恋愛対象として見なせるか質問。平手が「(可能性は)ゼロです」と答えると、レギュラーメンバーは「てち…」と〝てち呼び〟で嘆いた。

欅坂時代からの平手ファンは、かつて「てち」と呼ばれることを平手が嫌がっていたと回顧。平手が受け入れていたことに驚いていた。

《てちって、「てち」呼び嫌いじゃなかったっけww》
《てちって昔てち呼び嫌がってたけど、そういう時期は超えてんな》
《てちって呼ばれるの好きじゃないとか昔は言ってたのに》
《本人てち呼び嫌だって言ってたから友梨奈ちゃん呼びにしてたけど、今日の感じ満更でもなさそうだから明日からてち呼びしよ》

欅坂から脱退した今は心境に変化があったのだろうか。

【あわせて読みたい】