NHK桑子真帆アナの“裏の顔”発覚! 過去の男性遍歴に賛否

(C)RollingCamera / Shutterstock 

NHKの桑子真帆アナウンサーが、学生時代に〝不倫デート〟をしていたと、写真週刊誌『FLASH』2月2日号が報じた。この報道に、ネットでは擁護と非難の声が入り乱れている。

桑子アナは2010年にNHKのアナウンサーとして入職。17年にフジテレビアナウンサーの谷岡慎一と結婚したが、翌年6月にスピード離婚。17年にNHKの『ニュースウオッチ9』のキャスターに抜擢された年から、2年連続で『紅白歌合戦』の総合司会に起用され、昨年は3回目の司会に返り咲くなど〝NHKの顔〟になっている。

記事では、桑子アナが東京外国語大学在学中に、先輩と後輩の間柄だったという男性が登場。男性は桑子アナの彼氏ではなかったが、〝遊び友達〟として交際していたそうだ。

桑子アナは男性に「男選びは、とにかくビジュアル重視」、「友達の彼氏がいちばんスリルと背徳感がある」、「◯◯ちゃんの彼氏はイケメンすぎる! デートしてみたい」、「(自分の)彼氏よりよかった」などと漏らしていたという。また、交際相手がいる男性と遊ぶことを〝不倫デート〟と呼び、自分の女友達の彼氏と影で関係を持っていたようだ。それに加え、当時交際していた複数男性と桑子アナとのツーショットプリクラも公開されている。

桑子真帆アナの“交際態度”に疑問の声

過去のプライベートな話をペラペラと週刊誌に暴露した男性に対し、ネット上では、

《いまさら過去の関係をペラペラと女々しい男だな。ダサすぎるだろ》
《昔の関係を売るなんて最低の男。リベンジポルノにならないの?》
《こいつが最後まで本命男になれなかったのもわかるわ。ずっと根に持っていたんだろうな》
《若い頃に少しくらいヤンチャしてても良いじゃないですか。独身なんだし。なにをいまさら暴露してるんだろ。ダサいな~》
《自分が最低な男だって世の中に公言しているだということを、理解した方が良いと思う》

などと、非難轟々だ。しかし一方で、桑子アナの擁護意見が多いことに、

《妙に擁護している人達がいるのが不思議。恨まれるような付き合い方する時点でダメでしょ》
《男性が最低なのは前提で、桑子さんも相当したたかな女性。NHK現役アナで、これだけ次々男性問題が出てくるって前例ないですよね》
《真面目そうな顔してるけど、結構遊び人だったんだな。見る目変わったわ》
《それだけ恨みを買ったんだろうね。かなり雑に扱っていた感じだし》
《男性がゲスいみたいなコメントが多いけど、事実であってもなくとも、こんな人と関わっていたんだーって感じ。どっちもどっちな印象しかない》

などと、厳しい意見もあがっている。

桑子アナは現在、俳優の小澤征悦と交際中で、「年内に結婚するのではないか」とウワサされている。今さら過去の男に学生時代のことを暴露されたのは、少々痛手だったことだろう。

【画像】

RollingCamera / Shutterstock

【あわせて読みたい】