『モヤさま』田中瞳アナにセクハラ三昧!? 確信犯なカメラに批判の声

さまぁ~ず

(C)まいじつ

テレビ東京の田中瞳アナウンサーが、レギュラーを務める『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京系)の1月17日放送に出演。女子アナとは思えないあられもない姿を晒し、視聴者から同情が殺到した。

前回に引き続き、葛飾区の柴又を散歩していく一同。道中、昭和に流行したレトロな自転車を見つけると、平成生まれの田中アナが試乗することになった。しかしこの自転車、サドルがかなり高い位置にあるため、田中アナは必然的に、尻を後ろに突き出すような体勢に。さらに、カメラはこの尻をアップで捉えるという、視聴者にとってはサービスだが、本人からすればとんでもない辱めを受けてしまった。

この事態に、ネット上には

《デカ尻ショット最高です》
《やっぱりひとみんはケツだね》
《今夜もひとみんの巨尻を視れて満足》

などの声が。しかし、田中アナがセクハラ被害に遭うのは、これで2週連続だったのだ。

羞恥プレイのようなノリに反発も

この前週、柴又編の前編にて、田中アナは尻文字を披露。金屏風の前で大胆に腰を動かし、羞恥プレイさながらに尻を見せつけていた。自社アナで使いやすいとはいえ、2週連続で尻の見せつけを強いるこの内容には反発も。

《やらされてるんだろうけど、かわいそう》
《2週連続で田中アナのお尻どアップはやり過ぎじゃないか》
《さすがにセクハラが過ぎる》
《こんな時代遅れのセクハラまだやってんのか》

など、批判的な意見も多く見られている。

「女子アナは昔からパンチラや胸チラなど、セクシーなハプニングを狙われる存在。しかし、最近は局側がこの需要を利用し、露骨にエロで釣るパターンが増えています。典型的なのはテレビ朝日で、そのYouTubeチャンネルはなかなかにひどい。巨乳で知られる三谷紬アナを、『ダイエット』と称して水着同然のスポーツウェアで揺らさせています」(週刊誌記者)

女性がエロ要因扱いされていたバブル期のノリを、未だに引きずっているとは…。

【あわせて読みたい】