『CDTV』YOASOBI“出演引き延ばし”に大ブーイング!「悪意がある」

(C)insta_photos / Shutterstock

1月18日放送の『CDTV ライブ!ライブ!』(TBS系)に、2人組音楽ユニット『YOASOBI』が民放音楽番組へ初登場。話題のアーティストということもあり、番組も視聴者の期待を煽っていたのだが、裏目に出て「出演まで引っ張りすぎ」といったバッシングが殺到している。

問題になっているのは、CMの度に差し込まれる「YOASOBI」の告知映像だ。「YOASOBI」が実際にパフォーマンスを行ったのは、番組開始から1時間30分ほど経過したタイミング。にも関わらず、番組の序盤には「大ヒット『YOASOBI』が民放音楽番組初歌唱、大人気『夜に駆ける』と新曲『アンコール』をダブルライブ」というナレーションとともに、一度目の告知映像が流された。

その後、CM明けに「YOASOBI」がパフォーマンスするかと思いきや、登場したのは『乃木坂46』。続いて家入レオや瑛人といったアーティストが登場したのだが、「YOASOBI」の出番はなく、次のCM前にはふたたび告知映像が流される。また、同様の引き延ばしが何度も繰り返され、その中には「このあと『YOASOBI』が『夜に駆ける』を含むSPライブ!」といったテロップが映し出される一幕も。