明石家さんまの”老害発言“を共演者が一喝!「かっこいい」「特大ブーメラン」

明石家さんま

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

明石家さんまが1月19日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、女性タレントに自らの価値観を口にしたが、猛反撃を浴びた。視聴者は女性タレントを称賛しつつ、さんまに「前時代過ぎる」と指摘している。

女優の床嶋佳子が、「家でソファにだらっと寝ているのを見たことがない」と夫のきっちりした生活ぶりを口に。「料理のメニューも決まっている」とし、夫が料理を作る日もあると明かすと周囲は驚いた。

一方、フリーアナウンサーの中村仁美は夫の『さまぁ~ず』大竹一樹について、家事を「なんにもやらない」と愚痴る。「昔のいわゆる亭主関白というか…」と大竹を評すと、さんまは「俺らも、台所に立ったらアカンって言われた時代やから…」とポツリ。中村が「でも、そういう時代じゃないじゃないですか」と指摘したが、さんまは「でも、時代で片付けるのやめようや」と逃げた。

男性は「台所に立ったらアカン」さんまの発言に…

さんまは「SNSの時代で、ついていけない。『時代、時代』で片付けるのやめよう」「俺たちは俺たちの時代があるから。変えられへんの、なかなか」と吐露。中村はせめて感謝の言葉は口にするべきと説いたが、「照れてるねん、人だから」「(お礼を言う)タイミングを失うのよ」と、なおも大竹をフォロー。すると、女優・遊井亮子は「いつがタイミングなんですか?」と一喝した。

視聴者は、さんまに対する中村、遊井の苦言に共感した様子だ。

《遊井さん最高 特大ブーメラン》
《さんまに言ってくれてありがとう 先に時代で片付けたのこいつや かっこいい》
《時代は時代なんだよ。男も家事やる時代なんだよ。時代で片付けるのやめようやって言っときながら、最後は結局時代で締めてるやんけ》
《男が家事をするなって時代に育ったって言いながら、女性陣がもうそういう時代じゃないって言ったら、時代で片付けるなって言い出して発言の矛盾が生じてる》
《時代のせいにするなって、時代のせいにしてるのそっちじゃん。司会がそういう価値観の人だから観てて面白くないこと多い》
《好きだったけど、マジで今無理。前時代過ぎるわ…》

さんまは考えを改める必要がありそうだ。

【あわせて読みたい】