藤原竜也“いつも通り”大発狂!『青のSP』はモノマネ芸人のネタ宝庫?

藤原竜也 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

1月19日、藤原竜也主演のドラマ『青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-』(フジテレビ系)の第2話が放送された。作中のあまりにも突然な展開に、「爆笑してしまった」と驚く声があがっている。

学校内に警察官が常駐し、トラブル対応や予防活動を行う「学校内警察(スクールポリス)」制度。この制度が試験導入されることとなった赤嶺中学校に、主人公・嶋田隆平(藤原)は自ら志願して配属された。嶋田は法を犯した生徒たちを容赦なく逮捕していく…というストーリーだ。

第2話では、妊娠3カ月の英語教師・楓(山口紗弥加)の机の引き出しから、ネズミの死骸が発見される事件が発生。どうやら楓の妊娠をよく思っていない生徒や教師が多く、学校内で問題になっているようだ。そして嫌がらせはエスカレート。楓を流産させようとする事件まで起こってしまった。

嶋田は捜査を進め、ネズミの死骸の嫌がらせは生徒によるものだと突き止め、流産させようとした犯人は教師の青木(渋谷謙人)だとわかった。しかし、嶋田に逮捕された青木は開き直り、自分よりダメな教師は多く、楓もその1人だと主張する。

するとこの言葉に嶋田は激怒、突如公園の看板を金属バッドでボコボコになぐって破壊し、「お前がやろうとしてたことはな、こういうことなんだよ」と言ってのけた。

藤原竜也の力を発揮させるノルマが…?

感動的な説教シーンだが、藤原が看板を破壊するシーンに対して視聴者からは

《ダメだwww 爆笑してしまったwww》
《いきなり乱心して看板を叩き出すポリスは何があったんだって感じだけど、藤原竜也ノルマなのかな》
《看板をぶっ壊すシーン、モノマネされそうだな…と思いましたww》
《看板壊す感じ見て、いつものぶっ飛んだ藤原さんで安心した》
《藤原竜也力を発揮するために勢いで看板壊し始めるの笑っちゃった。話の勢い以外にない》

といったツッコミの声が殺到している。

「同作は第1話でも、藤原が不自然に高笑いするシーンがありました。発狂や高笑い、絶叫などは、藤原の十八番的な演技であるため、多少強引にでもこれらを作中に入れているような気がしますね」(芸能記者)

藤原のモノマネ芸人にとっては、ネタの宝庫となりそうだ。

【あわせて読みたい】