『とくダネ』小倉智昭が自民・二階幹事長をブッタ斬り! 好感度が再び上昇中

小倉智昭 

(C)まいじつ 

1月21日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)では、新型コロナウイルスについて特集。その中で、キャスター・小倉智昭が自民党の二階俊博幹事長に対して苦言を呈する一幕があり、視聴者から称賛の声が上がっている。

問題視されているのは、1月19日放送の『クローズアップ現代+』(NHK)で二階氏が漏らした発言。番組で二階氏は、「政府の対策は十分なのか、手を打つことがあるとすれば何が必要か」という質問に対して、「他の政党に何ができますか他の政治家に何ができますか」と返答。さらに、「今、全力を尽くしてやっているじゃないですか。いちいちそんなケチをつけるものじゃないですよ」と高圧的な態度をとった。

二階氏の発言を取り上げ、小倉は「これは、二階幹事長といえども…絶対に発言してはならないことだと思うんですよね」とキッパリ否定。そして「野党が力をつけていないっていうのは、現状としてあると思いますよ」と前置きしつつ、与野党が一致しないといけない局面でお互いを貶すのは止めてほしいとコメントした。

切れ味バツグン! 小倉智昭を絶賛する視聴者たち

二階氏の発言を真っ向から否定した小倉に対して、視聴者からは、

《今日は小倉氏を支持しよう》
《小倉さんのコメントに同意です。こんなぞんざいな言い方は国民を見下す極めて無礼な言い方だ》
《比較的無難なことしか言わなかった人が、とうとう二階幹事長を批判したか。確かに同感ですね》
《番組終了前にブレずにドンドン言いたいこと言って欲しいね》
《こうしてテレビで批判してくれるようになったのは良いことですね。未だに自分の頭で考えられない人も多いので》

といった称賛の声が相次いでいる。また同番組をきっかけとして、ネット上では二階氏へのバッシングが加速。

《二階俊博はほんとクズ中のクズ》
《私は自民支持派だが、二階は脳みそ腐ってるわ。老害も老害、一刻も早く政界から引退して》
《独裁的な権限を強調するような表現に思います。与党の判断を全部通した結果が感染爆発ではないのか?》
《「ケチをつけるな!」とはすごいお言葉ですね。二階様(笑)》
《二階幹事長の発言は、まるで政府の遣り方にケチをつけるなと言っているも同然。質問に答えもせず、他の政党や政治家を揶揄する二階幹事長には速やかに引退していただき、政界を去っていただきたい》

などと、批判の声が溢れかえっていた。

「『とくダネ』の終了が決まってから、世間では小倉の好感度が上がっている様子。1月13日に放送回では、番組の終了を打ち明ける際に『老害じゃないかとかね』『あぁーやっぱり年を取るとダメかなぁ』と自ら年老いたことを認めるシーンがあり、ネット上で『中々できることじゃない』などと好意的に評価されていました。今回の発言に関しても、既得権益に固執する老いた政治家との比較によって、ますます小倉が再評価されているようですね」(芸能ライター)

国民の気持ちを代弁してみせた小倉。今の政界には小倉のように、政治家の失言をキチンと指摘する人物が必要なのかもしれない…。

【あわせて読みたい】