時代錯誤な発言に猛バッシング! 批判殺到の「老害芸能人」ニュースランキング

島崎和歌子 

(C)まいじつ

時代錯誤な発言で、猛バッシングを浴びてしまうこともある人気芸能人たち。旬の話題をお届けする『まいじつ』に掲載された中から、芸能記者が選りすぐった〝老害芸能人〟にまつわる記事をご紹介します(1/22配信まで集計)。

1位 島崎和歌子の“お笑い第7世代”ブッタ切りに賛否「同感です」「老害だ」

島崎和歌子の“お笑い第7世代”ブッタ切りに賛否「同感です」「老害だ」

2位 流行語大賞で不正!? ゴリ押し暴露で呆れ声「老害は退場して」

流行語大賞で不正!? ゴリ押し暴露で呆れ声「老害は退場して」

3位 明石家さんまの”老害発言“を共演者が一喝!「かっこいい」「特大ブーメラン」

明石家さんまの”老害発言“を共演者が一喝!「かっこいい」「特大ブーメラン」

4位 ベテラン芸人の“老害発言”に大ブーイング!「岡村と同じような気持ち悪さ」

ベテラン芸人の“老害発言”に大ブーイング!「岡村と同じような気持ち悪さ」

5位 “老害”発言だけじゃない! 松嶋尚美の『バイキング』失言3選

“老害”発言だけじゃない! 松嶋尚美の『バイキング』失言3選

6位 『鬼滅の刃』を認めない芸能人とは…?「コメントが完全に老害」と批判の声

『鬼滅の刃』を認めない芸能人とは…?「コメントが完全に老害」と批判の声

7位 日本一の老害番組!?『噂の!東京マガジン』終了に若年層から歓喜の声

日本一の老害番組!?『噂の!東京マガジン』終了に若年層から歓喜の声

8位 『とくダネ』小倉智昭の“老害”ムーブに批判殺到!「勝手すぎてイライラ」

『とくダネ』小倉智昭の“老害”ムーブに批判殺到!「勝手すぎてイライラ」

9位 明石家さんま“既婚女性”に失礼質問?「古くて失礼で老害」

明石家さんま“既婚女性”に失礼質問?「古くて失礼で老害」

10位 松本人志“老害化”に拍車!? 杏&東出の離婚コメントが総スカン状態

松本人志“老害化”に拍車!? 杏&東出の離婚コメントが総スカン状態

11位 松嶋尚美“二枚舌”が酷すぎる!? デヴィ夫人擁護の裏で「石破茂は老害」

松嶋尚美“二枚舌”が酷すぎる!? デヴィ夫人擁護の裏で「石破茂は老害」

12位 『24時間テレビ』の感動をぶち壊し! 徳光和夫の老害発言に「いい年してキモい」

『24時間テレビ』の感動をぶち壊し! 徳光和夫の老害発言に「いい年してキモい」

13位 石田純一“老害”極まる! 開き直りにアゼン「マジで病気なんじゃない?」

石田純一“老害”極まる! 開き直りにアゼン「マジで病気なんじゃない?」

14位 “老害企画”で大炎上!『東京マガジン』名物料理コーナーに猛烈批判

“老害企画”で大炎上!『東京マガジン』名物料理コーナーに猛烈批判

15位 指原莉乃をディス? 小柳ルミ子の“老害発言”に批判「侮辱だろ」

指原莉乃をディス? 小柳ルミ子の“老害発言”に批判「侮辱だろ」

16位 老害極まる… 坂上忍&ヒロミ『宮下草薙』に“公開プロポーズ”強要で批判殺到

老害極まる… 坂上忍&ヒロミ『宮下草薙』に“公開プロポーズ”強要で批判殺到

17位 明石家さんま『鬼滅の刃』最終回に苦言! ファンから「老害」と猛反発の声

明石家さんま『鬼滅の刃』最終回に苦言! ファンから「老害」と猛反発の声

18位 デヴィ夫人の“密”パーティーに非難殺到「ただの老害」「言葉もでない」

デヴィ夫人の“密”パーティーに非難殺到「ただの老害」「言葉もでない」

19位 めるる「ミスチル知らない」発言が物議! 変化に追いつけない老害が発狂…

めるる「ミスチル知らない」発言が物議! 変化に追いつけない老害が発狂…

20位 鶴瓶の“老害発言”に批判殺到!さかなクンに「早く結婚しいな!」と説教…

鶴瓶の“老害発言”に批判殺到!さかなクンに「早く結婚しいな!」と説教…

「流行語大賞」選考委員に批判の声

1位に選ばれたのは、タレント・島崎和歌子の〝老害〟発言。2021年1月5日に放送された『川島大悟の言いがかり提案します ~世の中もっと良くしません?~』(フジテレビ系)に出演した島崎は、『EXIT』『宮下草薙』『霜降り明星』など、お笑い界で大人気の第7世代に持論をぶつけました。

島崎の言い分は、「第7世代の笑いがちっとも分かりません」というもの。共演者は「乱暴な言いがかり」「はっきり言うたな」と爆笑しましたが、島崎は『ホンマでっか!? TV』(同系)で共演中の「EXIT」を挙げ、「『ポンポンポン』って何?」と彼らの持ちネタが理解できないと語ります。

すると、当初笑っていた『千鳥』大悟も、「第7とは10歳以上違うから…」と共感気味に。「アイツらって変に落ち着いてる。20代でスタートラインに立った感じなのに、もうゴールしたみたいな顔してる」「ワシらとかが、ガーッと立って騒いでるとき、パッと横見たら第7世代は座ってる」と続け、上の世代とはスタイルが全く違うことを明かしました。

島崎の〝本音〟に視聴者からは「和歌子さんに同感です」や「言ってくれた笑」など賛同する意見が。しかし一方で、「自分たちが時代遅れとは思わずに『最近の若者は~』的に語るのが老害そのもの」といった声もあがり、賛否両論となりました。この議論の勝者は、10年後、第7世代の何組が生き残っているかで分かるのかもしれません。

続いて2位に選ばれたのは、漫画家・やくみつる氏の〝老害〟発言。2020年12月1日に「ユーキャン新語流行語大賞」が発表され、年間大賞は「3密」に決定。この会見で、選考委員のやく氏が、個人的な考えからとある言葉をゴリ押ししていたことが発覚したのです。

その言葉とは、女性芸人『ぼる塾』の決めフレーズ「まぁねぇ~」。これはノミネート30語にまで入っていたのですが、その時点からネット上で「なんだよこれ」「聞いたことない」とのツッコミが続出していました。

この件に関して、やく氏は「うちであんなにハマった『まぁねぇ~』はなんだったんだ」「聞いたことないという輩がいまして、何を見ていたのか」などと主張。しかし当然、世間で流行ったことを決める流行語という賞において、〝自分の家で流行った〟〝聞いたことない奴はおかしい〟とする主張はあまりにもズレています。

案の定、ネット上では「個人的感覚で審査するなら審査員辞めろ」や「そろそろ老害は退場願いたい」など批判の声があがることに。ちなみに当時『ぼる塾』は、このノミネートで〝ゴリ押し〟のイメージを持たれてしまって好感度が下落したのだとか。〝ありがた迷惑〟とはまさにこのことだったかもしれません。

今後、どんな芸能人のどんな〝老害発言〟が飛び出すのでしょうか?

【画像】

nudethaimodel / Shutterstock

【あわせて読みたい】