オタクの嫉妬が爆発!? 元『欅坂』今泉佑唯の“デキ婚”にアイドルファン激怒

(C)TeodorLazarev / Shutterstock 

1月21日未明、元『欅坂46』(現『櫻坂46』)で女優の今泉佑唯が、国民的ユーチューバー・ワタナベマホトとの〝できちゃった結婚〟を発表。心ないオタクたちから、烈火のごとく猛批判を浴びている。

同日、今泉は自身の公式サイトにて、《かねてよりお付き合いしておりましたワタナベマホトさんと結婚いたします》《現在お腹の中に愛おしい命を授かっており》などと公表。のちに相手も自身のYouTubeで結婚の報告動画をアップし、SNSや掲示板で大きな話題となった。

「お相手のユーチューバーは、毎年、代わる代わる数々のアイドルを食ってきた〝超〟がつくほどのヤリ手。しかし、誠実だからモテるわけではなく、2019年には当時の彼女だった童顔巨乳の超S級アイドルから、DVを告発されて逮捕されています。現在も、15歳のファンに裸の画像を送らせていたことが暴露されるなど、何かといわくつきの人物です」(芸能ライター)

祝うどころか叩く独りよがりなオタクたち

紅白出場グループの元メンバーと、多くのアイドルに手を出してきた前科者ユーチューバーのデキ婚という、これ以上ないほど話題性に溢れた今回の発表。案の定、ネット上は大荒れし、特にアイドルオタクは

《DVで逮捕歴のあるユーチューバーとの妊娠発覚はあまり祝福出来ないな》
《『元』であっても二度と欅坂を名乗らないでくれ》
《本当にマホトでいいんですか? これから産まれてくる子どもの為にお母さんのあなたがしっかり考えてこれからを考えないと子どももあなたもかわいそう》
《脊髄反射で結婚=おめでとう!って言う人は何なんだ… まぁその人の自由だが、自分的には口に出せるレベルのおめでとうの気持ちは無いな》
《もう櫻坂は解散しろよ これ以上醜態さらすな こいつらに坂道を名乗られんのは迷惑だわ》

などと猛烈な批判を繰り広げた。

「日本の出生数は年々低下しており、まだ確定値ではありませんが、2020年は85万人割れで過去最低の見通し。さらに今後は事故や病死・自殺などで減ってくので、20年後の新成人は80万ほどに留まるでしょう。これは過去最多だった団塊世代の3分の1であり、国家の存亡にも関わる非常事態。妊娠・出産は無条件に祝うべきなので、古巣のイメージやアイドルの流儀といった〝精神論〟でしかない理由で批判するのは極めて愚かですね。『櫻坂』はじめ、アイドルオタクたちが、いかに身勝手で酷いか分かります」(週刊誌記者)

『欅坂』のファンといえば、かつては「ケヤカス」とのスラングで呼ばれ、その攻撃的で過激な生態が恐れられてきた。グループ名が変わっても、その凶暴さは相変わらずだったようだ…。

【画像】

TeodorLazarev / Shutterstock

【あわせて読みたい】