『知ってるワイフ』夫の“悪者”描写に女性歓喜!「旦那にも観てもらいたい」

知ってるワイフ 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

1月21日、ドラマ『知ってるワイフ』(フジテレビ系)第3話が放送された。回を追うごとに〝男叩き〟を誘導するような内容へシフトしていることに、ネット上では同情の声も広がっている。

主演は『関ジャニ∞』大倉忠義。その妻役として、広瀬アリスが出演している。「結婚生活、こんなはずじゃなかった!」と悩める夫・元春(大倉)が、恐妻の澪(広瀬)と結婚する前にタイムスリップして未来を変える…という物語だ。

第1話では、元春が澪に怒鳴られる展開が続き、元春に対して視聴者から同情の声があがっていた。しかしタイムスリップして未来が変わった第2話以降では、元春が自分の行動を反省する展開が続く。元春は自分の行動によって、澪が恐妻に変わってしまったのだと感じ、やりきれない思いを抱いていた。

夫が自身の行動を反省する様子に、ネット上では

《ウチの旦那にもドラマを観てもらいたい。少し離れて奥さんを見てくれたら、きっと喧嘩も減り、奥さんを労う気持ちが出てくると思う》
《世の旦那さんたちに見てもらいたいけど、こういうドラマ避ける男性多いですよね…。未婚男性には将来の結婚生活に備えて見て欲しいです》
《元春の様に気付いてくれる男は、どれだけいるのか…いや、見習って欲しい》

といった声が続出。女性視聴者たちが、世の男性たちに見るよう求めている。

しかし元春には、擁護の声もあがっている。というのも、彼は超多忙な銀行マンで、あちこちを駆け回って仕事だらけの日々。家に帰っても仕事のことを考えなければならないという、いつも追い込まれている状況でもあるのだ。

旦那の悪者描写に疑問の声も…

作中では、元春が仕事を優先して妻の食事にちゃんと手をつけないこと、仕事に疲れきっていて休日は寝っ放しで、子どもと過ごす時間をちゃんと作らないことなどが問題として描写されていたが、視聴者からは

《銀行員はストレスたまるからなあ》
《でもこの旦那も浮気とかギャンブルとかしてるわけでもないしな》
《旦那が悪いけど、まあ仕方ない時もあるからなあ》
《元春の気持ちはわかるんだよなあ…こいつが悪いんだけどもさ。仕事が忙しいとこうなるよ》

など、一概に責めるべきではないという声があがっている。

今は夫叩きを続けている同作だが、妻にも問題があるとされるシーンはくるのだろうか。これからの展開に期待したい。

【あわせて読みたい】