長寿漫画『はじめの一歩』が迷走中!? 麻雀漫画化に困惑「ボクシングして!」

(C)Elnur / Shutterstock 

『週刊少年マガジン』で連載されているボクシング漫画の金字塔『はじめの一歩』が、最近になって〝迷走〟していると話題に。ボクシングで戦ってきたキャラクターたちが、何故か麻雀で戦っているという。

同作を知らない人は少ないと思うが、物語としては主人公の幕之内一歩がボクシングを通して、人としてもボクサーとしても成長していく作品。1989年から『マガジン』で連載されてきた長寿作品で、アニメもシーズン3まで放送されている。しかし、ここ最近になってお馴染みのボクサーたちが麻雀をするようなストーリー展開になり、多井隆晴や村上淳といった実在のプロ雀士もゲストとして登場。まるで、麻雀漫画かのような雰囲気になってしまった。

この事態にネット上では、

《面白いけど『はじめの一歩』としてこれでいいのか?》
《早くボクシングやって!》
《誰か止めてやれよ…》
《一歩、お前プロ雀士になるんか?》
《作者がパンチドランカー》

といった声が。いったい作者の森川ジョージにどのような心境の変化があったのだろうか…。

『はじめの一歩』が麻雀漫画になった理由は?

「以前から森川は麻雀愛好家として知られており、2019年にはプロ麻雀リーグ『Mリーグ』とコラボしたこともあります。この時は、一歩や鷹村守といった人気キャラクターたちが、大会の応援サポーターに就任していました。また最近、森川はとある企業に所属する〝バーチャルユーチューバー〟にハマっているようで、どうやらそのバーチャルユーチューバーは、盛んに麻雀の配信を行っている模様。そのためファンの間では《影響されたのではないか?》などとウワサされています」(芸能記者)

麻雀を題材にしたストーリー展開に厳しい声を寄せる読者も少なくないが、一方で、

《『はじめの一歩』って昔から〝ギャク回〟がちょいちょいあったし》
《なんか一歩と鷹村が腕相撲で真剣勝負した話とかもあったよな》
《ボクシング関係ない話が挟まるのはよくあること》

などと、すんなり受け入れるファンも。確かにこれまでもボクシングによる熱いバトルの合間には、クッションとなるようなエピソードが挟まっていた。

どれだけベテランになっても新しいことに挑戦することが、長期連載を続ける秘訣なのかもしれない。

【画像】

Elnur / Shutterstock

【あわせて読みたい】