竹内涼真『キミセカ』初回8.4%で大爆死! 今週の芸能ニュースTOP10

君と世界が終わる日に

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

いろんな事件が相次いだ今週の芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』で、今週もっとも話題となった芸能記事をご紹介します(1/21配信まで、独自ポイントで集計)。

1位 竹内涼真『キミセカ』初回8.4%で大爆死!「二度と見ない」酷評相次ぐ 149pt.

竹内涼真『キミセカ』初回8.4%で大爆死!「二度と見ない」酷評相次ぐ

2位 安斉かれんが消えた理由とは…「浜崎あゆみドラマ」以降のスキャンダル 139pt.

安斉かれんが消えた理由とは…「浜崎あゆみドラマ」以降のスキャンダル

3位 田中圭“降板ラッシュ”の理由は素行不良? 業界内ではびこるウワサ… 129pt.

田中圭“降板ラッシュ”の理由は素行不良? 業界内ではびこるウワサ…

4位 綾瀬はるかにタメ口連発! ジャニーズとの絡みに驚き「幼馴染なんか?」 97pt.

綾瀬はるかにタメ口連発! ジャニーズとの絡みに驚き「幼馴染なんか?」

5位 明石家さんまの”老害発言“を共演者が一喝!「かっこいい」「特大ブーメラン」 93pt.

明石家さんまの”老害発言“を共演者が一喝!「かっこいい」「特大ブーメラン」

6位 森七菜の“金髪ギャル姿”が大不評「老けて見える」「似合わな過ぎて不憫」 91pt.

森七菜の“金髪ギャル姿”が大不評「老けて見える」「似合わな過ぎて不憫」

7位 『ホンジャマカ』石塚英彦の“食レポ”にまた批判「お店に失礼」 86pt.

『ホンジャマカ』石塚英彦の“食レポ”にまた批判「お店に失礼」

8位 トラウマ朝ドラ『半分、青い。』と完全一致! 新ドラマ『ウチカレ』に拒否反応 80pt.

トラウマ朝ドラ『半分、青い。』と完全一致! 新ドラマ『ウチカレ』に拒否反応

9位 お茶の間凍る! ドラマ『ウチカレ』菅野美穂“大胆発言”に「家族団らんが…」 72pt.

お茶の間凍る! ドラマ『ウチカレ』菅野美穂“大胆発言”に「家族団らんが…」

10位 日本のドラマはパクリだらけ? 疑惑が噴出したドラマ3選 64pt.

日本のドラマはパクリだらけ? 疑惑が噴出したドラマ3選

安斉かれんが消えた理由とは…?

今週もっとも注目を集めたのは、竹内涼真が主演の連続ドラマ『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)にまつわる話題でした。

1月17日に初回が放送された同作は、平均世帯視聴率が8.4%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)だったことが判明。初回から2ケタを割った同作に、視聴者から酷評の声が寄せられています。

同作は、竹内の日本テレビ連続ドラマ初主演作。生き血を求めて人間を食らうゾンビたちがはびこる〝終末世界〟を舞台にした、サバイバルラブストーリーです。第1話では、トンネル滑落事故に遭い、なんとか脱出した間宮響(竹内)が、消えた恋人・来美(中条あやみ)を探しながら、生き残った者たちとともに変わり果てた世界でゾンビに襲われ、次々にピンチに見舞われるシーンが展開されました。

手に汗握る展開でしたが、視聴者からは、

《肝心なゾンビのクオリティーが絶望的。もう二度と見ません》
《主演キャストの演技が壊滅的。見た目だけで主役選びするとこうなるんだろうな》
《見るに耐えないストーリー展開。ゾンビもコントみたいだし、次回は見る気なくなりました》
《『ウォーキングデッド』と『ハンガーゲーム』を足して3で割った余りの残りカスのようなドラマ》
《私の中で竹内涼真のイメージが悪くなっちゃって、好青年役があわないなーと思った結果、途中で見るのやめちゃった》

など、さまざまな角度から批判されていました。

続いては、歌手の安斉かれんに関する話題です。

1月12日、安斉はツイッターに《最近ちょっとメイク薄い》と自撮り写真を投稿。安斉にしては薄いという意味で、一般からするとだいぶ濃いようですが、何はともあれ、そのキュートさをファンが大喝采。そしてこれがニュース記事になり、ネット上で拡散されました。

すると、この記事で久々に安斉の名前を聞いたという人が多いようで、

《かわいいのにあんまり活動してないのかな? すっかり忘れていた》
《かわいいし、ドラマにも出たけどほぼ話題にならなかったね。全然ゴリ押しされないし》
《バラエティーに出たときニコニコしてかわいいって思って好きになったのに、最近全然見なくなった》
《普通にしてればかわいいのに売り出し方を間違えた人》

といった声が続出する事態に。

「安斉が話題になったのは、2020年4月期のドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)で、主人公のアユ役を演じて、見事なまでの棒演技を披露したからです。それまで知名度皆無だったのですが、一気に時の人となりましたね。そして、ドラマ放送中から放送後にかけてバラエティーや音楽番組にも多数出演。今時のギャルらしい自然な雰囲気で好感度をあげていきました」(芸能記者)

このまま〝ニセアユ〟のイメージだけで消えてしまうのはもったいない逸材。今年は歌手としての活躍に期待したいですね。

果たして、来週はどんなことが話題になるのでしょうか。

【あわせて読みたい】