香取慎吾「おじゃMAPが続きますように」願うも今秋終了濃厚

(C)まいじつ

7月5日に放送された『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)で元『SMAP』の香取慎吾が同番組について「末永く続きますように」と番組存続を懇願した姿が、ファンのあいだで話題になっている。同番組は今秋をめどに番組終了することが確実とみられている。後番組には後輩のジャニーズタレントを起用した番組がスタートする可能性すらある。

この日の放送は『私たち幸せになってもいいですか』という企画で、20代のときに夫をがんで亡くした妻が新しい男性と再婚を決意し、結婚式で香取と『アンタッチャブル』の山崎弘也がサプライズで祝うという内容だった。

その場面で香取が山崎にケーキを食べさせようとした際、「末永くおじゃMAPが続きますように」と意味深につぶやいたことが話題になったのだ。

インターネット上でファンは《慎吾ちゃんの本音が出たよ》、《料理もリアクションも今まで通りしてる姿は本当に続けたい証拠だ》、《慎吾の続投宣言をカットしなかったのはスタッフも同じ気持ちだからだ》など書き込み、番組存続を熱望する声が相次いでいる。

 

ジャニーズ出演の裏番組と同程度の視聴率

ネットに投稿されたファンの“ラブコール”とは裏腹に、同番組の視聴率は低い状態が続いている。

先日放送された同番組の企画『香取20年ぶりに切符を買う~上戸彩と行く電車旅』は視聴率6.4%、5月の企画『バスなのにレストラン!? 絶景絶品楽しむ日本発ちょいセレブ旅』は同7.0%だった。ゴールデンタイムの視聴率はふた桁以上が合格ラインだと言われているが、5~7%台が続いている。

香取は9月いジャニーズ事務所から退所することが決定しており、事務所の後ろ盾がなくなる。先日、おじゃMAPと同じ時間に放送された『おたすけJAPAN』(フジテレビ系)は、『NEWS』の小山慶一朗と『KAT-TUN』の中丸雄一が司会だったが、『おじゃMAP』と同程度の視聴率を獲得した。タレント起用の“費用対効果”を考えると、今秋から番組変更されても何ら不思議ではない。

後輩ジャニーズに放送枠を取られるのは、香取にとって“屈辱”でしかないだろう。

 

【あわせて読みたい】

※ 小林麻央さんの「死期」早めたのは夫と姉のスピリチュアルか

※ 板野友美「一発逆転」写真集内容に歓喜の声

※ V6・森田剛の「サプライズ」深田恭子が大慌てでバイクを駆る!

※ 佐々木希が「妊活」突入で渡部建から悲鳴

※ 重盛さと美が坂口杏里に「本物のバカだと思う」