金曜ロードSHOW『ヱヴァ破』人気シーンをカット!「許さない」とファン激怒

(C)PhotoStockPhoto / Shutterstock 

1月22日の『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)では、シリーズ第2作目『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のが放送された。しかし、同作きっての大人気シーンがカットされてしまい、ファンから怒りや悲しみの声が続出している。

カットされていたのは、主人公の碇シンジと、『NERV』特殊監査部所属の諜報員・加持リョウジの〝デート〟シーン。シンジを自身のスイカ畑へ連れていった加持は、畑作業をしながら何気ない会話や葛城ミサトについて語っていく。ここは加持の素朴な一面が垣間見える大切なシーンだ。

しかし今回、同シーンは〝TV版〟という名目でカットされていたよう。ネット上には、

《待って! 加持さんのシーン、カットされてる…。なんなの、金ローなんなの!》
《シンジくんと加持さんの畑のシーンとかカットされてたん?》
《私は許さない…。エヴァ破のTV版で、シンジくんと加持さんが自販機前でイチャイチャした後にスイカ畑を見せるシーンをカットしたことを!》
《てっきり血の津波シーンとか参号機捕食シーンとかがカットかと思ってたんだけど、なぜかシンジ君と加持さんのシーンがカット。どゆこと?》
《シンジくんと加持さんのスイカ畑のシーン、破で特に好きな場面だったからカットされててショック》

などの声が続出している。

浮上する『エヴァ破』の不要シーン説

一方でスイカ畑のシーンを〝不要〟と考える人も。続編の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』に加持が登場しないことから、《加持さんの出番カットしまくりのエヴァ破、冷静に考えるとQに加持さんいないからカットしまくっても何も問題無いんだよな…》という意見も見受けられた。

「スイカ畑のシーンでは、加持がシンジへ『葛城を守ってくれ。それはオレにはできない』という意味深なセリフを漏らしています。シリーズを通して、シンジは〝大人の男性〟と話す機会があまりなく、だからこそ加持との1対1の会話は作中にとって、大切なシーンのひとつなのです。また、物語の後半では、使徒の襲撃によってスイカ畑が燃えるシーンも。同作にはさまざまな伏線がちりばめられているため、安易にカットするのは関心できませんね」(アニメライター)

当然だが、映画は極力カットしないほうが敵を作らずに済む。来週は『Q』が放送されるが、カットされているシーンはあるのだろうか。

【画像】

PhotoStockPhoto / Shutterstock

【あわせて読みたい】