『すべらない話』にお茶の間凍り付く…「夫が見てないフリしてた」

松本人志 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

1月23日放送の『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)に、脚本家や演出家として活躍する三谷幸喜が登場。しかし、三谷はゴールデンタイムに相応しくない下ネタトークを展開し、お茶の間を凍り付かせていた。

『ダウンタウン』の松本人志をはじめとするトーク自慢の芸能人たちが、何度聞いても面白い〝すべらない話〟を披露していく同番組。トーク順が回ってきた三谷は「中学生の頃の甘酸っぱい体験なんですけど…」と切り出し、学生時代に長崎の海に行った話を披露した。

当時、一緒にいた家族から離れ、1人で海水浴を楽しんでいたという三谷少年。開放感から全裸で泳いでいたそうで、「『生まれてから、こんな気持ちいいこと初めてだ!』ってくらい気持ちよく浮かんでたら、突然なんかこう、体に電気が走ったというか」と当時を振り返る。

すると三谷は「ムズムズとなって、気がついたら射精してたんです。それも生まれて初めて、医学用語で精通っていう風に」と前触れもなく下ネタをぶち込む。そんな三谷のトークに、松本や他の出演者たちは一瞬膠着状態に陥っていた。

『すべらない話』が初めて(?)スベった!

三谷の唐突な下ネタに、視聴者も騒然。中には家族で見ていた人もいたようで、ネット上には、

《家族ですべらない話見てたら、三谷幸喜が唐突に海で射精したとか言い出して…》
《父さんとすべらない話見てたら、急に射精の話しだしてくそ気まずいwww》
《母親と楽しみに見てたら、三谷幸喜の話でお茶の間が凍りつきました》
《リビングですべらない話見てたら、射精の話出てきてめっちゃ気まずい》
《精通とか射精の話してて、小5のチビがゲラゲラ笑ってるけど、夫は見てないフリしてるけど聞こえてて、なんかつらい》
《今回のすべらない話は全体的に面白いけど、三谷幸喜の射精の話だけ下品で気持ち悪くて不快だった》

などの反響が起こっている。

「三谷は今回の精通ネタを2008年放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)でも披露したことがあります。また、自身のエッセイ『オンリー・ミー ―私だけを』でも今回の射精ネタを綴っていました。〝性の芽生え〟をここまで赤裸々に語る人も、なかなかいないでしょうね。しかし、これが三谷にとってのすべらない話のようです。面白い話というのは、TPO込みで面白さが倍増するものだと思いますが、三谷は良くも悪くも空気が読めないのかもしれません」(芸能ライター)

ちなみに三谷は、自身の精子と魚の受精卵が〝体外受精〟することを懸念していたようで、「受精卵とくっついたらどうなっちゃうんだろう。とんでもないことになるんじゃないかって」と当時の心境も語っていた。またどこかでこのすべらない話を披露して、お茶の間を凍り付かせてほしいものだ。

【あわせて読みたい】