「家族で見れない…」綾瀬はるか『天国と地獄』“ド下ネタ”にお茶の間凍る

天国と地獄 ~サイコな2人~ 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ

1月24日、綾瀬はるか主演ドラマ『天国と地獄 ~サイコな2人~』(TBS系)第2話で、お下品な描写があったと話題になっている。

主人公は、警視庁捜査一課の刑事・ 望月彩子(綾瀬)。努力家で正義感が強く、気が強く、それに加えて上昇志向も強い、慌てん坊な35歳。しかし、ある日、連続殺人事件を捜査する中で、サイコパスな殺人鬼・日高陽斗(高橋一生)と魂が入れ替わってしまう…というストーリーだ。

第2話で彩子と日高は、それぞれ入れ替わった身体でお互いの普段通りの生活をすることになる。しかし、ベンチャー企業社長の日高の業務を彩子ができるはずもなく、疲れ切ってしまう。一方で日高は、周りに少し不自然に思われながらも、彩子としての生活に溶け込んでいった。

そんなある日、彩子はふとテレビでドラマのラブシーンを見る。それをきっかけに、日高が同居人の渡辺陸(柄本佑)と〝いたして〟しまうのではと心配する。彩子が心配している間も、テレビのラブシーンはどんどん進んでいき、ついに男女はベッドイン。すると彩子は突然、自分の下半身を見て「ちょっと何これ? どういうこと? えっ!? わっわっ… はっ… もう ヤダー!」と叫ぶのだった。

『半沢直樹』枠でド下ネタ

「このシーンはつまり、男の身体になってしまった彩子が、映画のラブシーンを見て〝勃ってしまった〟ということでしょう。第2話では他にも、彩子が〝アソコ〟を見ないようにシャワーを浴びるなど、そういった描写が多い印象でした」(芸能記者)

日曜21時という時間帯のドラマで、〝勃つ〟描写を入れたことに、視聴者からは

《えええええw》
《下ネタがすごいw》
《これ家族で見てる人、大丈夫?》
《母と見てたけど、若干凍りついたw》
《見てるこっちが恥ずかしいw》
《家族で見れないドラマじゃねーかw》

といったツッコミが続出した。

大ヒットドラマ『半沢直樹』が放送された日曜劇場枠で、ここまでの下ネタをぶっこんだのは驚くばかりだ。

【あわせて読みたい】