『すべらない話』R-指定が人気芸人にソックリ!?「どっちがどっちか…」

(C)Maridav / Shutterstock 

人気ヒップホップユニット『Creepy Nuts』のラッパー・R-指定が、1月23日放送の『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)に出演。そのトーク内容とビジュアルが話題になっている。

同番組のコンセプトは〝人は誰でも1つはすべらない話を持っており、そしてそれは誰が何度聞いても面白いものである〟。26回目となる今回は、『ダウンタウン』松本人志、千原ジュニア、宮川大輔、小籔千豊、『ずん』飯尾和樹、『麒麟』川島明、『霜降り明星』粗品、『アンガールズ』田中卓志、『矢野・兵動』兵動大樹、『かまいたち』山内健司が出演。加えて、招待プレイヤーに脚本家・三谷幸喜、ピアニスト・清家信也、R-指定が参戦した。

R-指定は、日本一のラッパーとして若者を中心にブームを巻き起こし、現在はニッポン放送の『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』が大人気を博している。

「『すべらない話』が深夜に放送されている時は、放送コードギリギリの無茶苦茶な話もあり、伝説的な番組として大人気でした。しかし、ゴールデン進出後は無難なエピソードが多くなり、マンネリ化も見受けられて話題は減少。そんな中、今回は新たに招待枠に大きな注目が集まっていました。ピアニストの清家が『紅白』の裏話で盛り上がる一方で、三谷は、下ネタ全開のトークを披露。一方、R-指定はラッパーの先輩・Zeebraの〝内輪話〟を紹介していました。しかし、このトークは9分近くを費やし、《長い》と不評を買っていました」(エンタメ誌記者)

R-指定と『見取り図』盛山晋太郎がソックリ?

なれないトーク番組で、悪い意味で注目を集めたR-指定。また、その容姿にも注目が集まっており、視聴者からは、

《盛山さん!と思ったらまさかのR-指定さんだった。え、似てない?》
《『見取り図』の盛山さんと『Creepy Nuts』のR指定が似すぎて、どっちがどっちかわからんの私だけでしょうか?》
《盛山とR指定がごっちゃになる(笑)》
《うーん、テレビ見てるとR-指定と『見取り図』盛山を時々見間違えてしまうな…》
《R-指定を話の途中まで見取り図の盛山だと思って見てた》

といった、『M-1グランプリ』ファイナリスト常連のお笑いコンビ『見取り図』盛山晋太郎に似ているといった声が続出していた。

この声は盛山に届いたようで、ツイッターへ《僕は今日のすべらない話には出演しておりませんのでお間違えなく!》と投稿していた。

「よく間違えられるのか、盛山はよくこのネタに言及しています。昨年6月には、『見取り図』のYouTubeチャンネルに『【盛山はR指定に似てるのか?!】聖徳太子ラップで大検証!!』という動画を投稿。また、19年には2ショット写真をアップしています」(同記者)

芸人の中に混じったR-指定を、芸人である盛山と間違えるのは不自然なことではないのかもしれない。

【画像】

Maridav / Shutterstock

【あわせて読みたい】