『にじいろカルテ』初回12.1%で好発進! 今後は“ファンタジー要素”がカギ?

にじいろカルテ 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

女優・高畑充希が主演を務める連続ドラマ『にじいろカルテ』(テレビ朝日系)の第1話が1月21日に放送され、平均世帯視聴率が12.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。

同ドラマは、NHK連続テレビ小説『ちゅらさん』、『ひよっこ』などを手掛けた脚本家・岡田惠和氏の作品。東京から山奥の小さな村にやってきた内科医・紅野真空(高畑)が、外科医・浅黄朔(井浦新)、看護師・蒼山太陽(北村匠海)と共同生活を送りながら成長していく物語。第1話では、東京の大病院で働いていた真空に突然難病が発覚し、偶然知った山奥の小さな村・虹ノ村の医師に転職を決めるストーリーが展開された。

ネット上では、

《高畑充希ちゃんの心の変化の表れなのか、無機質な色合いから段々色づき始める映像がとても美しかったです》
《やっぱり岡田惠和氏の脚本はいいな。派手さはないが気持ちがあったまる。『ひよっこ』同様、日常のささやかなエピソードが楽しいね》
《医療ドラマみたいですが、人との関わりを描いたおとぎ話のようなほんわかドラマですね。来週どのように展開していくか、今から楽しみです》
《ベタな内容だけど面白かったね。俳優も実力派揃いだしこれなら2桁キープいけるでしょ》

などといった声が寄せられている。

『にじいろカルテ』のファンタジーはアリ?

「医療ドラマでありながら、どこかおとぎ話のような雰囲気もあり、今後の展開が楽しみですね。しかし一方で、ファンタジー要素も強く、医療を扱う物語としてはリアリティーに欠ける部分もあり、好みが分かれそうです。実際、主人公の真空が寒村に赴き、村人から大歓迎を受け、ひとつ屋根の下、同僚たちと共同生活を送るというのも現実味の薄い設定ですね。寒村の医療事情はかなりシビアですからね」(エンタメ誌ライター)

実際に、ネット上からは

《にじいろカルテ、好きな俳優さんばかりなのになんだかな…。お伽話?ファンタジー?のつもりでいたらいいのかな。2話見てやっぱり苦手だったら脱落かな…》
《にじいろカルテの村は、医者2人と看護師を雇う財源をどこから得ているのか。それが気になって仕方がない。村までのアクセスで示されたようなファンタジーに徹するのか》
《ファンタジーにゲボ出そうで10分でやめた。好きな役者さん多いのに残念》
《過疎の村にしては色々キレイで子どもも多いので、「ああこれはファンタジーなんだ」って認識になった》

などと、厳しい意見も寄せられている。

過去には秋田県のある寒村の診療所医師が、4年間で4人とも辞めたことが話題になった。2番目に辞めた女性医師に対しては、村人からのイジメがあったことも発覚。ネット上では〝悪の村〟と揶揄された。

離脱宣言者も出ている『にじいろカルテ』。果たして今後、2桁の視聴率をキープできるのだろうか。

【あわせて読みたい】