HIKAKINの“激太り”が明らかに…「デカキンに見える」「腕がムッチムチ」

画/彩賀ゆう

『SMAP』や『嵐』を1人で超えている国民的スター・HIKAKINが、1月24日に新作動画をYouTubeへ投稿。視聴者から「太り過ぎ」だと、その近影に注目が集まった。

今回ヒカキンが投稿したのは、『【爆買い】グッチ×ドラえもん コラボ全部開封してみた!【Gucci × Doraemon】』という動画。お金に物を言わせて話題のブランド品を買い漁るという、下品かつひねりがないYouTubeの定番企画だ。

アイテムはどれも数万~十数万する高額商品だが、ヒカキンはこれを紙袋で部屋が埋まるほど大量に購入。どんどん中身を開けていき、スニーカーや財布、バッグやジャケットなどを紹介していく。

ヒカキンの衣装はTシャツ1枚だが、薄着のせいでメタボ腹のシルエットがあらわに。文字通り私腹を肥やしているようだが、紹介したトレーナーを着用したところ、着膨れによってさらに太って見えている。

「太った」との指摘が殺到

このトレーナー着用シーンは動画のサムネイルにもなっているのだが、静止画だとさらに太って見える印象に。まるで肥満男性のごとくのシルエットで、すぐ上に表示されているチャンネルアイコンの画像と同一人物とは思えないほどだ。

コメント欄にも、

《待ってめちゃくちゃ太ってない?って思って開いた》
《ヒカキンさんなんだか太った?》
《サムネがデカキンさんに見えてしもうた》
《数年ぶりに観てみたら、腕がムッチムチで笑った》
《マジでサムネがデカキンに見えた》
《そのお腹の出っ張りはお腹に四次元ポケット隠してますよね?》
《サムネのヒカキンさんがメッチャ肥えて見えた》

といった声が。本人が気にしているかは不明だが、盲目的なファンの目を通しても、かなり太って見えているようだ。

「高額納税者を公開した『長者番付』が今もあれば、ヒカキンは間違いなく何年も連続でトップに入るレベル。個人でIT企業社長に匹敵するほどの、〝超〟がいくつも付く高所得者です。『GUCCI』や『Supreme』を爆買いするなんて、我々にとってミネラルウォーターのケース買いの感覚と同じレベル。食事も日夜好きなものを食べ、動画編集に追われて運動不足なのですから、肥えていくのも至極当然でしょう」(ITジャーナリスト)

格差社会を象徴するかのようなヒカキンの豪遊。最近YouTubeデビューした経済評論家・竹中平蔵氏と対談すれば、面白い話が聞けそうだ。

【あわせて読みたい】