渦中の松居一代が上沼恵美子にも宣戦布告か

(C)まいじつ

俳優の船越英一郎の妻でタレントの松居一代のブログが怖すぎると話題になったのは6月末だった。

「松居は6月27日付の自身のブログで、《旅立つ準備をして》と自殺をほのめかしたうえで、《1年5ヶ月も尾行され続けている》、《15日間ほど逃げていた》などと逃亡生活を送っていたと書き込んだのです。内容もさることながら、ブログのフォントがとても大きく、メンタル的にやばい感じが伝わるものでした」(芸能ライター)

その後も衝撃発言を連発していたが、7月6日発売の『週刊文春』では、松居による執拗なDVが原因で、船越が離婚調停を申し立てていると報道された。

それに対し、松居は4日深夜、週刊文春を「校了前に原稿を読んで聞かせるという約束を破った」、5日早朝には船越を「バイアグラを飲んで不倫している」と鬼気迫る表情で批判する動画をYouTubeに投稿。両者の言い分がまったく異なり、泥沼の離婚騒動になってきた。

「調停が不調に終わり、裁判となった場合、松居の動画公開は民法の《婚姻を継続し難い重大な事由》に当てはまり、松居が不利になる可能性があるそうです。また、動画を理由に、船越から名誉毀損で損害賠償請求をされたり、離婚に至った際、船越が払う慰謝料が減額される可能性もあるようです」(同・ライター)

離婚調停の行方が注目されるが、もうひとつ気になるのが上沼恵美子とのいさかいの行方だ。

「上沼は昨年2月、自身が司会の関西ローカル番組『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)で、過去に報じられた松居と火野正平との熱愛疑惑に触れたのですが、松居は6月28日付のブログで、これに対して訴訟を示唆しました。テレビ局も双方で弁護士を立てて協議中であることを認めています」(同・ライター)

しばらく松居から目が離せない。

 

【あわせて読みたい】

※ 菅田将暉「ドッキリ過剰演出」にネットで批判殺到

※ 真木よう子がツイッター開始も「内容がブッ飛びすぎ」と話題沸騰

※ 10代男子が抱く長瀬智也のイメージ「むっつりスケベ」本人反論

※ 小栗旬が山﨑夕貴アナの「小栗芸人」交際報道に言及

※ 佐々木希が「妊活」突入で渡部建から悲鳴