藤原竜也『青のSP』第3話8.0%! 視聴率を支えるのは真木よう子だった!?

真木よう子 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

1月26日、藤原竜也が主演を務めるドラマ『青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-』(フジテレビ系)の第3話が放送された。視聴率は8.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、初回から大きく低下することもなく8%台をキープ。その要因はどこにあるのだろうか。

同作は、学校内の悪行を取り締まる〝スクールポリス制度〟を試験的に導入した赤嶺中学校が舞台。自ら志願して中学校に配属された主人公・嶋田隆平(藤原)が、生徒や教師を取り締まっていく…というストーリーだ。

第3話では、校内で高価な備品が盗まれ、フリマアプリに出品されるという事件が発生。学校関係者による犯行だと考えた嶋田は窃盗犯を暴き出すため、盗難品に残された指紋と、教師や生徒全員の指紋を照合する。捜査が行われる中、サッカー部の生徒が服を脱ぎ捨てて、廊下の窓から飛び降りおりようとする騒ぎが。錯乱した生徒に疑いの目が向けられるが、真犯人は意外な人物だった…。

視聴者は胸しか見ていない? 真木よう子に絶賛の声!

非常に熱いストーリーだったのだが、視聴者はドラマの内容よりも別のところに注目していたようで、

《真木よう子の演技下手だけど、胸はでかいな》
《真木よう子の胸と滑舌が気になって話が入ってこない》
《どんなに内容を分かろうとしても、真木よう子の胸がデカいっていう情報でかき消されて何も頭に入ってこない》
《女性の胸の大小にはたいして興味はないけど、真木よう子は相変わらずけしからん》
《真木よう子さんの胸が気になって話が飛んでしまう》
《ハッシュタグで検索したら、真木よう子の胸がデカすぎてドラマの内容が入ってこない人多すぎて笑った》

といった声が続出。ほとんどの視聴者には、ヒロイン・浅村涼子を演じる真木よう子の豊満なバストしか印象に残らなかったようだ。

「同作での真木は、スーツにピタッとしたカットソーを合わせており、ボディラインがはっきりとわかる服装。さらに屈むと胸元が見えたりするので、思わず下半身を押さえてしまった男性視聴者もいるのではないでしょうか。脚本については散々な評判ですが、女性の見せ方に関しては絶賛の声があがっているようです」(芸能ライター)

同作については、2019年1月期に放送された『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)のパクリだという指摘もあがっており、ドラマ自体の評価は決して高くない。人々は真木を拝むためだけに視聴を続けているのかもしれない…。