『バイキング』矢作兼とカンニング竹山の明暗クッキリ!「竹山は二度と出るな」

矢作兼 

(C)まいじつ 

1月27日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)に、コメンテーターとして『おぎやはぎ』矢作兼とカンニング竹山が出演。元『欅坂46』今泉佑唯との結婚を発表した人気ユーチューバー・ワタナベマホトの騒動についてコメントしたが、視聴者からの反響は明暗がクッキリと分かれてしまったようだ。

この日の番組では、ワタナベが女子高生に対してわいせつ画像を要求した上、脅迫していたことを、ユーチューバー・コレコレが動画で告発したと紹介。ワタナベはこれをキッカケに事務所を解雇され、YouTubeのアカウント停止に追い込まれた。

コレコレが告発したことに対して、矢作は「悪いことは親には相談できないからね。それで誰にも相談できず『死のうかな』って思うよりは、ユーチューバーでも相談できる人がいてよかったと思うよ」とコメント。コレコレの告発によって、二次被害が起きなかったことを評価した。

この発言に、ネット上では

《矢作の言う通り。告発って言うと悪いことしてるような感じもするけど、女子高生にとってみればすごくありがたかったと思うよ》
《女の子にしてみれば、誰に相談していいかわからなかったんだろうな。コレコレがマホトを告発したのは正解》
《矢作するどい。普段はあたりさわりないコメントばかりだけど、今回ばかりは好感度上がったわ》

などと、称賛の声があがっている。

カンニング竹山に降りかかる批判

一方、竹山は「どうしても気になる」と切り出し、「大人としての筋だったら生配信とかしないで、ちゃんと警察に言って親御さんに言って」とコレコレの告発動画を批判。「得があるんだろうね」と、暗に動画報酬で利益を得る目的があったのではないかと、うがった見方をした。

この竹山の発言に視聴者が激怒。ネット上では、

《なんだこいつ。コレコレは事前に警察にも相談するように女の子にアドバイスしてたんだぞ。何も知らないくせになにいってんだ》
《竹山マジムカつく。全部動画を見てからコメントしろや!》
《15歳の女の子が勇気を出して相談したのを受けてやってるんだよ。竹山は二度と出てくるな》
《こいつマジ最低。おっさんが何も知らずに偉そうにしゃべるんじゃないよ》

などと、大ブーイングが起きている。

コレコレは動画の配信外で、女子高生に警察や親に相談することを勧めていたのだが、どうやら竹山はその事実を知らず、いきなり動画でマホトを告発したと勘違いしていたようだ。

女の子を第一に考えた矢作と、〝大人としての筋〟などと意味不明なコメントを繰り出した竹山。視聴者の印象は大きく分かれてしまったようだが、どちらが正しいコメントなのかは一目瞭然だろう。

【あわせて読みたい】