夫の尻ぬぐい!? 佐々木希の“広告案件”投稿に見え隠れする渡部建

渡部建  佐々木希 

(C)まいじつ 

女優の佐々木希が1月28日、自身のインスタグラムを更新。韓国の鍋料理を作ったことを報告した。

佐々木は《寒いですね 今夜は、タッカンマリの鍋》とコメント。続けて、《#oisixで頼んだ鳥を丸々使って弱火で50分グツグツ。お野菜を沢山入れていただきます #希んちのごはん》とつづった。

この投稿にフォロワーからは、

《これは温まりそうですね~。めちゃくちゃ美味しそう》
《寒い冬にはもってこいの料理ですね。レシピ知りたいです!》
《丸々1羽を鍋に入れるんですか? コラーゲンたっぷりでお肌にも良さそう》
《綺麗で美味しそうな黄金スープができあがってますね~》

などと、大きな反響を呼んでいる。

佐々木希の投稿は渡部建の尻ぬぐいのため?

しかし一方で、一部のネットストーカーからは

《この隣に渡部が居るんだよなぁ…》
《あったかいのはスープだけ…なんか悲しい》
《ダンナを煮込んだ方がいいんじゃないか?》
《頑張ってほしいけど、どうしても旦那の顔を思い出してしまう》

などといった声もあがっている。

「佐々木は〝#希んちのごはん〟のハッシュタグでたびたび料理写真を投稿し、特に女性ファンから好評を得ています。しかし、〝インスタ映え〟を意識しすぎているのか、投稿は常に完成した写真ばかり。最近では《ただの料理本のレシピみたい》《料理は美味そうなんだけどぬくもりがまったく伝わってこない》などと、辛らつな意見も見られています」(女性誌記者)

実際、今回の〝タッカンマリ〟も、韓国の定番料理とはいえ、日本ではあまり馴染みのある料理とはいい難い。なぜ、急に紹介したのかにも疑問が残るが…。

「投稿に〝#oisix〟とあるので、完全な広告案件でしょうね。『Oisix』は食材宅配サービスを展開している会社で、夫の『アンジャッシュ』渡部建が料理の監修やPR活動をしていました。しかし渡部が表立って活動できなくなった現在、妻の佐々木がインスタグラムでマーケティングを請け負っているようです。今や渡部家の家計を支えているのは、間違いなく佐々木なのです」(ネットニュースサイト編集者)

他愛ない日常写真にも、何かと執着されてしまう佐々木。今は家族のために、グッとこらえてほしいところだが…。

【あわせて読みたい】