『有吉の壁』コロナ警察によってお蔵入り? 不自然な演出に疑問の声

有吉弘行 

(C)まいじつ 

1月27日放送の『有吉の壁』(日本テレビ系)が、番組ファンの失望と心配を招いてしまったようだ。

同番組のメイン企画は、オフィスやショッピングモール、屋外施設などさまざまな場所を舞台に、大勢の芸人がその地を利用したショートネタで有吉を笑わせる「一般人の壁」。オープニングでは、その日の出演芸人が一堂に会し、スタートの合図で散り散りになっていくのが定番となっている。

芸人の大集合はエンディングでも定番となっていて、オンエアされない場合はHuluや番組公式YouTubeで公開されるなど、いずれの場合もチェック可能な状態になっている。しかし、同日はオンエアでも動画サイトでも公開されておらず、お蔵入りとなったか、そもそもコーナーの実施すらされていないようなのだ。

この人気コーナーが消えてしまった理由は、新型コロナウイルスにあるようで…。

賛否を呼んだ『有吉の壁』の問題コーナー

「芸人が大集合する同コーナーは〝密〟ができており、かねてから一部視聴者の間で批判されてきました。そして25日、同番組常連の『ジャングルポケット』斉藤慎二が新型コロナに感染。視聴者の不安が的中する形となったため、疑念を生まないためにも、オープニングは非開催の方向になったのでしょう」(テレビ誌記者)

実際にSNSを見てみると、

《有吉の壁のHulu、いつもは本編以外に、オープニング、未公開、エンディング、まであるのに未公開しかなかったのマスク警察に捕まったから説が現実みを帯びてきた》
《コロナ警察のせいでオープニングもエンディングもお蔵入りかあ~》
《徹底的にコロナ対策しても飲食業界は仕事が無くなり破産に追い込まれる一方で、何の対策も無しで馬鹿騒ぎしても許される芸能界》
《有吉の壁の出演者がコロナ対策ほぼノーガードでやってるのヤバいな》
《裏で感染対策してようと、あのギッチギチでやるオープニングだけは、収束するまでやらない方が良い》
《コロナ対策してない人達がコロナ対策呼びかけるボケは壁超えれん》

などと賛否の声が。

なお、番組公式YouTubeは20日放送分のオープニング動画にて、《このオープニング公開からしばらくこの形式でのオープニング先行公開はお休みになります。。壁ファンの皆様も、壁スタッフも大好きなオープニング。皆さんと楽しく観られる楽しい日常が戻ってくるまで、しばらくお待ちください!》とつづっており、たしかに感染対策の一貫であることが伺える。

お笑い界も〝ウィズコロナ〟時代の対策を求められているようだ。

【あわせて読みたい】