女芸人の着替えをガン見!? 男芸人たちのセクハラに批判殺到「最悪だ」

ガンバレルーヤ  まひる 

(C)まいじつ 

女性お笑いコンビ『ガンバレルーヤ』のまひるが、1月28日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演。先輩芸人からのセクハラ被害を明かし、視聴者から同情が殺到した。

まひるは番組内で、「女芸人さんは着替えるところがあんまりなくて。大部屋だと特に、男性芸人さんもいっぱいおられますし」と女性芸人ならではの悩みを激白。「特に営業先が本当にないんですよ」と明かすと、初めての営業で『さらば青春の光』と同じ楽屋だった時のエピソードを語り始める。

営業先に更衣室がなかったというまひるは、「隅っこの方で、こっそり着替えてたんですよ」と振り返っていく。すると着替え中、「さらば」の森田哲矢が現れ、「『どこで着替えてんねん』って言いながら、着替えをめちゃくちゃ見てきた」のだとか。同日の放送には「さらば」も出演していたため、このエピソードに森田は「見てないわ! やめろや」と慌ててフォローを入れたのだった。

『さらば青春の光』森田哲矢やたむらけんじに批判が

さらにまひるは、以前、たむらけんじから「胸デカすぎてネタ入ってけぇへんわ!」とネタ見せに苦言を呈されたことも暴露。男性社会の芸人界で、少数派ゆえに苦労していることを滲ませる。

このエピソードに対し、視聴者からは

《いくら女芸人とはいえ、見られるの嫌でしょうからちゃんと対応して欲しい》
《最悪ですね、かわいそう》
《着替える時だけ男が席をはずす。当たり前だろ。何でそんなことわからんの。あほちゃうか》
《これは本当に改善すべきだろ! 女芸人とはいえ異性が同じ部屋の中で着替えてるのは男性からしても困ると思う》

など、同情が殺到することに。また、

《吉本の会社としてのだらしなさ。自社の芸人さんを大切にしていない表れ。人間扱いされていない》
《さらばはどっちもクソだからはよさらばしろや》
《この時代におかしいよね。芸人だからしょうがない。ていう風潮があるのならば、吉本始め各事務所は考えるべき》
《森田もたむけんも最悪な野郎だな》

など、事務所や当事者への批判も見られた。

お笑い第7世代の出現により、新たな風が吹き込まれているお笑い界。しかし、「女を捨てなければ芸人じゃない」という旧態依然とした風潮も、芸人の間では残っているようだ。

【あわせて読みたい】