明石家さんまの“一言”に女性視聴者が激怒「女を下に見てる」

明石家さんま

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

1月26日放送のバラエティー番組『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、男性出演者がLINEのメッセージに対して注意する一幕があった。これに女性視聴者からは「女性蔑視だ」と厳しい声があがっている。

番組では、歌舞伎俳優の尾上右近が、「。」や絵文字の無い女性のメールが苦手だと明かしたことをきっかけに、LINEの話を展開。女性陣が、絵文字を使わないことは当たり前だと述べるが、尾上は「気持ちが伝わる記号がないと、あれ、大丈夫かな?って思ってしまう」と主張。『四千頭身』の後藤拓実も「『怒ってるのかもしれない』って思う」「びっくりマーク絵文字あるじゃないですか。あれだけでいいんですよね」と、少しでも絵文字を使ってほしいとお願いした。

MCの明石家さんまも男性側と同意見のようで、「愛想ない女やなって思うねん。ぽんぽん打てるやん」話している。するとこの意見に、女性視聴者たちが敏感に反応。

《言い方が男尊女卑というか、女を下に見てるのがわかる》
《出た 昭和脳のクソジジイ ジェンダー意識ない時代に取り残された恥ずかしい人》
《60歳を過ぎて女どうこうは気持ち悪い》
《使う使わないは自由であって、女子高生の感覚が正義で世の常識みたいな言いかたは不愉快》
《さんまさん好きだけど、もう時代にそぐわないから黙ってたほうがいいよ》

など辛辣な意見が寄せられている。

ネットで晒される「おじさん構文」

「ネット上でよく『おじさん構文』というものが話題になりますが、やたらと絵文字などでデコっているメッセージが、一般的におじさんっぽいと言われるようです。以前は本気で気持ち悪がられていましたが、今では一周回ってネタ扱いされていますね。以前は、指原莉乃が『ブラックマヨネーズ』小杉竜一のリプを晒して話題になっていました」(芸能記者)

おじさん代表として、さんまにはこれからも言いたいことをどんどん言ってほしいものだが…。

【あわせて読みたい】