指原莉乃も実は…“不登校”経験のある美女芸能人「ゲロマシーンと呼ばれ…」

指原莉乃 

(C)まいじつ 

1月27日放送の『突然ですが占ってもいいですか?SP』(フジテレビ系)で、元『乃木坂46』の白石麻衣が不登校だった過去を明かして話題となった。

番組で白石は、中学2年生の9月から不登校になってしまったと告白。その理由を「周りの友だち何人かにバーっと言われたので、そんなこと言われるなら行かないとなってしまった」と説明している。

「過去のドキュメンタリー映画などでも、白石は不登校だったと明かしていました。女子テニス部内でイジメられたことが原因だそうです。また、2018年の『週刊文春』のネット配信番組では、白石がイジメを受けるキッカケになったのは、イジめられていた生徒をかばったからとも報じられていました」(芸能記者)

一見、〝人生イージーモード〟に思える美女が不登校を明かしたことに、ネット上では驚きの声があがっていた。しかし、芸能界には他にも、不登校を経験した美女がいる。

中川翔子の壮絶なイジメ被害とは…

まずは、タレントの中川翔子。中川も白石と同じく、中学生の頃にいじめにあったようだ。中学から「スクールカースト」ができ、絵を描いていた中川が、オタクだのキモイだのと、カースト上位層からイジメの対象になってしまったという。さらに、胃腸が弱く、ストレスで吐いてしまうことがあった中川は、同級生から「ゲロマシーン」とあだ名で呼ばれるなどして、不登校状態になったと明かしている。

いまや、芸能界トップの女性タレントとなった指原莉乃も、実は不登校だった時期があるという。中学2年の頃、『学校に来ないでください』という内容の手紙が家に届いたことがきっかけだったそうだ。指原は差出人を同級生と予測したうえで、「本当だったら悔しいから行くと思うんですけど、本当に嫌になっちゃって、それで。弱くって、行かなくなって…」と語っていた。

当時、彼女らをイジメていた犯人たちは今、何を思っているのだろうか。イジめた相手が活躍しているのを憎らしく思っているのか、どこかホッとしているのか…。

【あわせて読みたい】