採点がおかしい?『TEPPEN』ダンス対決が炎上「バランス悪い」「偏ってる」

(C)Luis Molinero / Shutterstock 

1月30日放送の『芸能界特技王決定戦 TEPPEN 2021冬』(フジテレビ系)で行われた〝ダンス対決〟が、視聴者からの不満を浴びて炎上してしまった。

同番組は、芸能人が自らの趣味や特技を披露し、その分野での「ナンバーワン」を決定する番組。これまではピアノ演奏が番組の目玉となっていたが、今回は初めてダンス部門が取り入れらた。挑んだのは、『DA PUMP』のKENZO、『THE RAMPAGE from EXILE TRIBE』の浦川翔平、『JO1』の川尻蓮といった、ボーイズグループに属する世界最高峰ダンサーたち。他には『AKB48』の峯岸みなみや『日向坂46』の佐々木久美、ダンス歴26年のタレント・加藤諒も参加し、最新のダンスゲームマシーンで点数を競い合った。

楽曲に合わせて流れてくるマークをタイミングに合わせて踏むという、音楽ゲームの定番を取り入れたこの対決。ステップの正確さを100点満点で機械が採点し、上半身の振り付けや動きのキレといった「表現力」を、審査委員長のSAM他3名が1人10点で採点する。

審査員点が低くてもゲームが上手ければ優勝

問題視されたのはこの採点比率だ。ゲーム部門は100点満点なので点差をつけることが可能な一方、表現力は最大でも30点しか獲得できない。また、審査員はほぼ8点以上をつけるため点差も生まれにくく、ここでの逆転はかなり難しくなってしまう。

現に浦川VS川尻のカードでは、川尻が審査員点で上回ったものの、ゲーム得点の高かった浦川が勝利する結果に。最終決戦でも、審査員点ではKENZOが上回ったが、ゲーム得点で5点差をつけた浦川が優勝した。

さらに、ボーイズグループのメンバーばかりが上位に食い込み、女性アイドル陣が噛ませ犬のような扱いになったため、ファンが怒る事態も発生。採点基準の不明瞭さと併せ、視聴者からは

《TEPPENのダンスはリズムゲームと同じだから、スコア取れなきゃ審査員票入っても勝てない仕組みじゃないか》
《これはゲーム得点の比率が高すぎるなぁ笑 パフォーマンス入れると、どうしてもゲームの正確性は下がるから、審査員得点の比率がもう少し高いといいような》
《ピアノはわかるけど、ダンスはゲームでは競えないと思うんだけどな…》
《ゲームの満点が100点に対して、3人しかいない審査員の持ち点が10点てバランス悪いくないか?》
《人間の審査だけじゃ偏りが出るだろうし、ジャンルも色々だからフィギュアとかみたいに技の得点制にもできん》

など、不平不満が殺到した。

新部門ということで、採点基準も手探り状態だったのだろう。次回以降の公正さに期待したい。

【画像】

Luis Molinero / Shutterstock

【あわせて読みたい】